Japanese

Differential Diagnosis of Esophagogastric Adenocarcinoma Natsuko Kawada 1 , Noriya Uedo 1 , Ryu Ishihara 1 , Tsukasa Kawaguchi 1 , Rika Chatani 1 , Takashi Kizu 1 , Takuya Inoue 1 , Chie Tamai 1 , Noboru Hanaoka 1 , Sachiko Yamamoto 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Masaharu Tatsuta 1 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan Keyword: 食道胃接合部 , 良性腫瘍 , 鑑別 , 拡大内視鏡 pp.1188-1196
Published Date 2009/6/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101710
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 To diagnose esophagogastric adenocarcinoma, the variety and frequency of esophagogastric lesions including benign tumors should be discerned. We analyzed 58 histologically diagnosed esophagogastric lesions observed endoscopically from Jan. 2007 to Dec. 2007. The most frequently observed lesions were inflammatory polyps(17 lesions,29%).

 There are varieties of esophagogastric lesions, but, the lesions which need differential diagnosis are limited. For example, for the protruding lesions, inflammatory polyps, papilloma and squamous cell carcinoma are important. For the flat or depressed lesions, reflex esophagitis,Barrett esophagus, squamous cell carcinoma and reddishness are important. Irregular micro-vessels observed by magnified endoscopy combined with narrow band imaging(NBI-ME)indicate the lesion might be malignant. However, the unclear margin of the irregular micro-vessel area rather suggests the lesion might be benign.


Copyright © 2009, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 食道炭粉沈着症の1例 上堂 文也 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 河田 奈都子 , 井上 拓也 , 木津 崇 , 三好 里佳 , 加藤 元彦 , 増田 江利子 , 辰巳 功一 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 竜田 正晴 , 石黒 信吾 , 須藤 洋昌 医学書院 胃と腸
    43巻 3号 (2008年3月)
    pp.361-363
    • 有料閲覧
  • 表在食道癌の深達度診断におけるAVAの意義 石原 立 , 青井 健司 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 山階 武 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    49巻 2号 (2014年2月)
    pp.204-211
    • 有料閲覧
  • 未分化型混在早期胃癌の臨床的特徴と問題点―範囲診断を中心に 竹内 洋司 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 木津 崇 , 三好 里佳 , 井上 拓也 , 加藤 元彦 , 増田 江利子 , 東野 晃治 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 松村 真生子 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    42巻 11号 (2007年10月)
    pp.1635-1645
    • 有料閲覧
  • 表面型表層拡大型食道癌の深達度診断―内視鏡の立場から 石原 立 , 山階 武 , 青井 健司 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    49巻 8号 (2014年7月)
    pp.1164-1172
    • 有料閲覧
  • 5)AFI 石原 立 , 上堂 文也 , 山本 幸子 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 神崎 洋光 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.628-633
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有