Japanese

Long-term Outcome after EMR in Patients with m1 or m2 Esophageal Squamous Cell Carcinoma Ryu Ishihara 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Noriya Uedo 1 , Motohiko Kato 1 , Sachiko Yamamoto 1 , Shunsuke Yamamoto 1 , Eriko Masuda 1 , Koichi Tatsumi 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Masaharu Tatsuta 1 , Shingo Ishiguro 2 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 2Department of Pathology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan Keyword: 食道癌 , EMR , 内視鏡切除 , 予後 pp.1309-1315
Published Date 2007/8/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101167
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Background:EMR is a widely used method for early esophageal cancer. However, its long-term outcomes have not been fully evaluated. Method:Patients with m1 or m2 esophageal squamous cell carcinoma treated by EMR between 1995 and 2005 at our hospital were retrospectively analyzed for their long-time survival.

 Results:One hundred and eighteen patients with 144 lesions were treated by EMR. The prognoses of 116(98.3%)out of 118 patients were confirmed. One patient died of metachronous esophageal cancer, and 15 patients died of other diseases. Rate of local recurrence after EMR was 2.8%(4/144). Metachronous esophageal cancers were found in 9 cases(7.6%)and other organ cancers were found in 15 cases(12.7%)after EMR.

 Conclusion:Cause-specific survival of patients with m1 and m2 esophageal squamous cell carcinoma was good. Their prognoses were mainly defined by synchronous and metachronous cancers.


Copyright © 2007, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 食道表在癌に対するESDの治療成績 石原 立 , 山階 武 , 長井 健悟 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 松井 芙美 , 藤井 基嗣 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    48巻 9号 (2013年8月)
    pp.1263-1269
    • 有料閲覧
  • 狭帯域フィルター(narrow band imaging;NBI)併用拡大内視鏡所見からみた胃分化型SM1癌の診断 竹内 洋司 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 加藤 元彦 , 増田 江利子 , 山本 幸子 , 山本 俊祐 , 東野 晃治 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    42巻 1号 (2007年1月)
    pp.111-120
    • 有料閲覧
  • 食道炭粉沈着症の1例 上堂 文也 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 河田 奈都子 , 井上 拓也 , 木津 崇 , 三好 里佳 , 加藤 元彦 , 増田 江利子 , 辰巳 功一 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 竜田 正晴 , 石黒 信吾 , 須藤 洋昌 医学書院 胃と腸
    43巻 3号 (2008年3月)
    pp.361-363
    • 有料閲覧
  • 大腸SM癌の内視鏡摘除後のfollow up 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 井上 拓也 , 木津 崇 , 三好 里佳 , 加藤 元彦 , 増田 江利子 , 辰巳 功一 , 竹内 洋司 , 石原 立 , 上堂 文也 , 松村 真生子 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    42巻 10号 (2007年9月)
    pp.1477-1482
    • 有料閲覧
  • 表在食道癌の深達度診断におけるAVAの意義 石原 立 , 青井 健司 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 山階 武 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 , 石黒 信吾 医学書院 胃と腸
    49巻 2号 (2014年2月)
    pp.204-211
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有