書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

すぐに役立つ統計のコツ -医学統計編-

すぐに役立つ統計のコツ -医学統計編-
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 情報統計研究所 (編)

オーム社

電子版ISBN

電子版発売日 2020年3月30日

ページ数 220

判型 A5

印刷版ISBN 978-4-274-21816-3

印刷版発行年月 2015年11月

書籍・雑誌概要

実例に基づいた例題とわかりやすい図,丁寧な解説で効率よく学習!
 医療でも統計は、研究、実験、学術誌投稿、臨床など様々なシーンで活用されていますが、多くの方は高価な統計ソフトを使いこなせていないのが現状です。本書では、最も普及している「MS-Excel」を利用して、初心者でもすぐに解析できるように、実例に基づいた実用的手法をやさしく丁寧に解説しています。

目次

第1章 統計をはじめる前に

第2章 分析の準備
 1.データレコードの作成
 2.データの特徴を知る ~データの分布とバラツキ~

第3章 2つの代表値(平均値・中央値)の比較
 1.ヒストグラムを作成する
 2.代表値を比較するとは?
 3.2つの代表値を比較する ~独立2標本の有意差検定(推定)~
 4.2つのデータの差を比較する ~対応する2標本の有意差検定~
 5.まとめ

第4章 3つ以上のデータの差を比較する
 1.ホルム-ボンフェローニによる方法
 2.チューキのHSDによる方法
 3.一元配置分散分析(one way ANOVA)
 4.クラスカル・ウォーリス(Kuraskal-Wallis)による分散分析
 5.まとめ

第5章 比率の差を比較する(クロス集計)
 1.後ろ向き研究(Case-Control study)
 2.前向き研究(Cohort study)
 3.スクリーニングにおける2×2分割表 ~効果指標~
 4.知っておきたい衛生・疫学の指標
 5.まとめ

第6章 2つのデータの関連性をみる(相関と回帰)
 1.相関関係とは
 2.予測のための線形回帰モデル
 3.正規分布にこだわらない相関分析 ~スピアマンの順位相関~
 4.臨床検査で大切な検量線
 5.臨床検査を検査するとは ~精度管理~
 6.まとめ

第7章 多次元データを比較する(多変量解析)
 1.目的とするデータを複数のデータで説明(予測)する ~重回帰分析~
 2.2つの要因による分析 ~二元配置分散分析~
 3.2値データを複数のデータで説明する ~ロジスティック回帰分析~
 4.データを2群にわける ~判別分析~
 5.データをグループにわける ~クラスター分析~
 6.データ情報(特徴)を要約する ~主成分分析~
 7.まとめ

第8章 イベント・ヒストリー分析:生存時間(率)
 1.カプラン・マイヤー法(Kaplan-Meier method)の計算
 2.コックス比例ハザード・モデル(Cox proportional hazard model)
 3.まとめ

付録A 本書で使用した統計分析用Excel関数一覧
付録B フリーオンラインソフトの使用方法
付録C 本書で使用した主な統計用語