不安または恐怖関連症群 強迫症 ストレス関連症群 パーソナリティ症
  • 有料閲覧
≪講座 精神疾患の臨床 3≫

不安または恐怖関連症群 強迫症 ストレス関連症群 パーソナリティ症

筆頭著者 三村 將 (編集) 慶應義塾大学医学部精神神経科学教室 その他の著者 岡野/憲一郎 林/直樹 松永/寿人 中山書店 電子版ISBN 電子版発売日 2021年2月22日 ページ数 432 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-521-74823-8 印刷版発行年月 2021年2月

閲覧方法のご案内

この書籍・雑誌を閲覧するためにはログインが必要になります。
パスワードを忘れた場合 新しくユーザー登録する

購入案内

書籍・雑誌概要

ICD-11においてICD-10やDSM-5から最もドラスティックに変更となり,今後さらなる変更が加えられていく可能性が高い注目の領域を取り上げている.疾患概念の変遷,ICD-11の診断ガイドラインの内容,残されている課題(議論の余地)に加え,症状や病態,治療法なども解説.今日のclinical utility(臨床的有用性)を最大限に反映した内容が盛り込まれている

目次

本書で用いるICD‒11の日本語病名・用語および診断ガイドラインの和訳について(神庭重信)
1章 不安または恐怖関連症群
 不安または恐怖関連症群 総説(大川 翔,清水栄司)
 全般不安症(荒井穂菜美,清水栄司)
 パニック症(蔵満彩結実,塩入俊樹)
 Topics パニック症の脳内機序(浅見 剛)
 Topics パニック症と自閉スペクトラム症(義村さや香,十一元三)
 広場恐怖症(蔵満彩結実,塩入俊樹)
 限局性恐怖症(宗 未来)
 社交不安症(永田利彦)
 分離不安症(岸本真希子,引土達雄)
 場面緘黙(濱本 優,金生由紀子)
 他の不安または恐怖関連症(大坪天平)
 Topics 不安または恐怖関連症群に対する森田療法(中村 敬)
2章 強迫症または関連症群
 強迫症または関連症群 総説(松永寿人)
 強迫症(松永寿人)
 Topics 強迫症に対する脳深部刺激療法(酒井雄希,森下登史)
 身体醜形症(松井徳造,松永寿人)
 自己臭関係付け症(自己臭症)(向井馨一郎,松永寿人)
 心気症(林田和久,松永寿人)
 ためこみ症(中尾智博)
 Topics ためこみ症とsqualor 症候群(黒瀬 心)
 向身体性反復行動症群(成瀬栄一)
 その他の強迫症または関連症群(村山桂太郎)
3章 ストレス関連症群
 ストレス関連症群 総説(金 吉晴)
 心的外傷後ストレス症(飛鳥井望)
 複雑性心的外傷後ストレス症(飛鳥井望)
 遷延性悲嘆症(中島聡美)
 適応反応症(大石 智,田中克俊)
 Topics 適応反応症と復職支援(佐渡充洋)
 反応性アタッチメント症(濱村尚子,友田明美)
 脱抑制性対人交流症(青木 豊)
 急性ストレス反応(大塚耕太郎)
 Topics ストレス関連症に対するEMDR(市井雅哉,南川華奈)
4章 パーソナリティ症および関連特性群と作為症群
 パーソナリティ症および関連特性群 総説(林 直樹)
 現代のパーソナリティ症の捉え方(林 直樹)
 Topics 虐待とパーソナリティ症(緒方康介)
 Topics 衝動的問題行動(原田知佳)
 顕著なパーソナリティ特性またはパターン(岡野憲一郎)
 ボーダーラインパターン(平島奈津子)
 Topics ボーダーラインパターンの人は減っている?(田中伸一郎)
 その他のパーソナリティ症群(白波瀬丈一郎)
 作為症群(平島奈津子)

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る