てんかん診療 はじめの一歩
  • 有料閲覧

てんかん診療 はじめの一歩

シンプル処方のすすめ 筆頭著者 榎 日出夫 (著) 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年2月5日 ページ数 200 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-22860-3 印刷版発行年月 2016年5月

閲覧方法のご案内

この書籍・雑誌を閲覧するためにはログインが必要になります。
パスワードを忘れた場合 新しくユーザー登録する

購入案内

書籍・雑誌概要

てんかんの臨床家を目指す若手医師に向けて,「子どものてんかん」をライフワークにする著者が,その診療に関する知識と考え方を,親しみやすい文体でわかりやすく解説.

目次

プロローグ 小児神経科医のお仕事

第1章 はじめの一歩の質問集
  1 治りますか?
  2 救急車呼びますか?
  3 発作のときどうしたらいい?
  4 どこが違うの? ひきつけ、けいれん、てんかん
    コラム Epiじゃなくて、けいれんでしょ
  5 発作のとき、口に何か入れますか?
  6 薬を飲むと治るんですか?
    コラム 過去・現在・未来の質問を受けて
第2章 てんかんは診断学が決め手
  1 てんかんは「ひとつの病気」ではない
  2 正しく分類できると、正しく治療できる
    コラム 遠くから受診される患者さん
  3 脳全体の発作か、脳の一部分の発作か
  4 「黙って坐ればぴたりと当たる」なんてことはない
  5 発作を観察しよう
    コラム 新米医師 お母さんたちの観察力に驚嘆
  6 てんかん発作は「陽性症状」を探せ
  7 発作型診断のピットフォール
  8 発作症候を時系列でとらえる
  9 「いつ」、「何をしているとき」発作は起きるか
  10 脳波は重要、されど過信せず
  11 見過ごされるてんかん発作
  12 初回の発作はてんかんか
  13 2回目の発作はいつ出現するのか
    コラム てんかんと頭痛
第3章 発作の増加要因は何か
  1 発作の誘発因子を知る
  2 よく眠るのも治療のうち
  3 テオフィリン関連けいれん
  4 抗ヒスタミン薬による誘発
    コラム 薬剤誘発 昔話では片づけられぬ
  5 抗てんかん薬による発作の増悪
  6 光刺激で誘発される発作
  7 胃腸炎で出現する発作
第4章 日常生活を指導する
  1 プールに入ってもいいですか
    コラム てんかんの消失
  2 暑い時期、汗は出てますか
  3 薬を吐いてしまったとき
    コラム てんかんの子どもの予防接種に慎重だった時代
  4 予防接種で発作は増えるか
    コラム Dravet先生に日本酒を勧めた夜
  5 予防接種は「注意」して実施
  6 子どもの細菌性髄膜炎が減っている
    コラム 「知らぬがゆえの不安」という障壁
第5章 シンプル処方でいこう
  1 シンプル処方で薬剤数を減らす
  2 シンプル処方のタイムリミットを考える
  3 シンプル処方の用量は十分に
  4 苦しまぎれの合理的併用
  5 やっかいな相互作用
    コラム 是非、この薬でお願いします
第6章 薬物治療のヒント
  1 初回発作で治療を開始するか
  2 新規抗てんかん薬を使いこなす
  3 新規抗てんかん薬の単剤治療
    コラム 薬の副作用が気になります
  4 薬疹は予測できるか
  5 抗てんかん薬による体重変化
  6 妊娠女性への抗てんかん薬治療
  7 妊娠女性へのバルプロ酸という悩ましき問題
  8 社会に飛び立つ前に「妊娠を予想した治療計画」を立てる
第7章 てんかん外科で完治を目指せ
  1 治療期間のタイムリミットを考える
  2 てんかん外科手術の適応
    コラム てんかん外科に慎重だった頃を自省する
  3 社会に飛び立つ前に発作を止めたい
  4 包括的てんかんセンターにおける小児神経科医の役割
  5 てんかんはチームで診療
    コラム 患者さんからの「フォロー」に応えたい

エピローグ 社会に飛び立つ前に治療方針を決める

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る