大阪市立十三市民病院がつくった 新型コロナウイルス感染症もっと対応BOOK
  • 有料閲覧

大阪市立十三市民病院がつくった 新型コロナウイルス感染症もっと対応BOOK

筆頭著者 西口 幸雄(監修) 白石 訓 森坂 佳代子 (編著) 照林社 電子版ISBN 電子版発売日 2021年1月11日 ページ数 112 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7965-2521-3 印刷版発行年月 2020年12月

書籍・雑誌概要

国内初の"新型コロナ専門病院"である、大阪市立十三市民病院が経験した症例をもとに、COVID-19患者の治療・ケアについてまとめました。
重症化を防ぐリスク管理、薬物治療、呼吸管理、栄養管理、褥瘡対策、リハビリテーション、医療安全管理など、COVID-19患者に対応する医療機関、医療従事者に必要な知識がつまっています。
主に感染対策について解説している『新型コロナウイルス感染症〔COVID-19〕対応BOOK』の続編です。

目次

CHAPTER 1 COVID-19患者対応の全体像
 みんなで乗り越えてきた大阪市立十三市民病院の半年/COVID-19患者の入院から退院までの流れ/病院へ到着後/入院中/退院基準/退院時

CHAPTER 2 重症化を防ぐアセスメントと全身管理のポイント
 COVID-19重症化のリスク因子/チームで早期に病態悪化を見つける/スタッフがわかりやすい呼吸管理/画像から重症化のサインをとらえる/糖尿病とCOVID-19の関係/COVID-19患者の栄養管理/COVID-19患者のリハビリテーション/COVID-19患者の褥瘡対策/COVID-19患者対応における医療安全管理

CHAPTER 3 病態別の治療とケア
 データでみる十三市民病院のCOVID-19患者像
 症例でみる治療とケア
CASE1 軽 症
 症状は味覚障害、嗅覚障害のみ。無治療で軽快。
 隔離解除にはPCR検査連続2回陰性確認が必要だった時期の症例
CASE2 中等症Ⅰ
 睡眠時無呼吸症候群合併。持続気道内陽圧呼吸療法(CPAP)使用中のため、エアロゾル発生環境からの感染予防対策が必要であった症例
CASE3 中等症Ⅰ
 ステージIV(肝転移、脳転移)の肺がん治療中にCOVID-19を併発した症例
CASE4 中等症Ⅰ
 妊娠中にCOVID-19を併発し、全身状態が悪化したためステロイド治療を必要とした症例
CASE5 中等症Ⅱ
 糖尿病合併。ステロイド治療により血糖コントロールが増悪し、インスリン強化療法を新規に導入した症例
CASE6 中等症Ⅱ
 低酸素血症が悪化したが、挿管下人工呼吸管理を希望しなかったため、高流量酸素療法を行い軽快した症例
CASE7 中等症Ⅱ
 自己での喀痰喀出が困難なため、頻回の喀痰吸引を必要としたが、エアロゾル飛散防護テントを自作して感染防止対策を行った症例
CASE8 中等症Ⅱ
 呼吸不全悪化のため、高次医療機関へ転院。
 挿管下人工呼吸管理を行われなかった症例
CASE9 重 症
 呼吸不全悪化のため、高次医療機関へ転院。
 挿管下人工呼吸管理を行われた症例
CASE10 重 症
 前医で挿管下人工呼吸管理を受け、抜管2日目に転院。
 酸素の減量、血圧・血糖コントロールを行い、無事に退院となった症例
CASE11 重 症
 隔離が必要なため、家族の来院ができない状況で、面談にモバイルを使用した看取りの症例

CHAPTER 4 COVID-19患者対応に必要な基礎知識
  1. 新型コロナウイルスとは?
  2. 感染のメカニズム
  3. COVID-19の感染経路
  4. COVID-19の主な症状
  5. COVID-19の経過
  6. COVID-19の後遺症
  7. COVID-19の検査
  8. COVID-19の薬物治療
  9. COVID-19の血栓予防
 10. COVID-19とインフルエンザ
 11. ワクチン開発の展望

COVID-19対応で使える資料

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る