産科の感染防御ガイド
  • 有料閲覧
新型コロナウイルス感染症に備える指針

産科の感染防御ガイド

筆頭著者 日本産婦人科医会・日本母体救命システム普及協議会 (監修) その他の著者 医療法人ハシイ産婦人科 院長/日本母体救命システム普及協議会 理事 橋井 康二 編集昭和大学医学部産婦人科学教室 教授/日本母体救命システム普及協議会 理事 関沢 明彦 編集 メディカ出版 電子版ISBN 電子版発売日 2020年11月2日 ページ数 176 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-8404-7259-3 印刷版発行年月 2020年10月

書籍・雑誌概要

【産科医療者が次の波に備えるための必須知識】
これまで産科で対処してきた他の感染症とは異なり、不十分な感染防御では太刀打ちできない新型コロナウイルス感染症。院内感染を回避し地域の周産期医療体制を守るには、情報を収集し、特徴を理解し、正しい感染防御策を身に付けることが求められる。すべての産科医療者が適切に対応するための実践的な知識を提供する。

目次

・推薦のことば
木下勝之

・刊行にあたって
関沢明彦

・はじめに
橋井康二

・執筆者一覧

【章前 産婦人科医療を新型コロナウイルス感染症から守るために】

【第1章 新型コロナウイルス感染症概論】
[1]新型コロナウイルス感染症とは
[2]新型コロナウイルス感染症と妊産婦
[3]国内の妊産婦の感染状況
[4]新型コロナウイルス感染症の検査
[5]市中感染の状況に合わせた感染防護レベル
[6]東京都の新型コロナウイルス感染症対策システム
[7]新型コロナウイルス感染妊婦の受け入れ体制の構築
[8]パンデミック発生時の対応

【第2章 産科における感染防御】
[1]感染防御の基本
[2]産婦人科外来での感染防御
[3]産科病棟での感染防御
[4]新型コロナウイルス感染妊婦の分娩
[5]新生児への対応
[6]妊産婦のメンタルヘルスケア
[7]立ち会い分娩、里帰り分娩の工夫

【リーフレット】
◆いま、妊娠・出産・育児に臨む皆さんへ
◆コロナな世の中で安心して出産するために!
◆コロナな世の中で安心して産後を過ごすために!
◆コロナ疲れに負けないために!

・リーフレットのダウンロード方法
・web動画の視聴方法

・おわりに

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る