神経内科診療スキルアップ
  • 有料閲覧
≪レジデント・スキルアップ シリーズ 7≫

神経内科診療スキルアップ

筆頭著者 大生 定義 (著) シービーアール 電子版ISBN 電子版発売日 2019年3月25日 ページ数 160 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-902470-24-6 印刷版発行年月 2008年3月

書籍・雑誌概要

卓越した神経内科医であり、また臨床疫学、EBMの先駆者である著者が、臨床研修のためにその考え方を、神経内科診療の手引きとして示した秀作。複雑といわれる神経内科の診療を、本書ではまず確率、頻度、致命的か、治療可能かをまず頭においてアプローチすることの重要性を、具体的な疾患の診療の進め方として解説している。多岐にわたる知識を、現実の診療に適用できるようバッサリと研ぎ澄ました解説は、豊かな臨床経験と臨床教育の中で培われたものにしかできない。90分で読めるボリュームにもかかわらず研修医生活2年分に必要なエッセンスが集約されている。ローテーションの前後のまとめに最適な1冊である。

目次

第1章 EBM的神経診断学の要点
 A. 診断の道すじ
 B. 神経学的診察

第2章EBM的症状・疾患別診療エッセンシャルズ
 1. 頭痛
 2. 失神
 3. 意識障害診察時にも意識障害がある場合
 4. めまい
 5. しびれ
 6. けいれん
 7. ふるえ:パーキンソン病と類縁疾患
 8. 脳・脊髄血管障害脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血
 9. 髄膜炎・脳炎
 10. 痴呆(認知症)性疾患
 11. ベル麻痺(特発性顔面神経麻痺)
 12. 圧迫性神経障害(圧迫性ニューロパチー)
 13. 脳脊髄外傷:取り扱いの手順

パワーイラスト
 1. 症状のパターンと病巣
 2. 射中枢の覚え方
 3. 病的反射の検査法
 4. Barré徴候
 5. 神経解剖(1)―大脳・脳幹・小脳
 6. 神経解剖(2)-脊髄の断面と臨床症状
 7. 確実な腰椎穿刺法

EBM コラム
 診断の絞りだしかた
 検査前(事前)確率の高低と検査の結果の読みかた
 尤度比を実感してみよう
 ブラックボックスである診断の過程を SHADE でまとめてみよう
 失神は病歴と診察で 32%は診断がつく
 鑑別診断の 3C
 EBM の実践は NBM 的に
 てんかんと EBM:実例を挙げて
 抗血小板薬のインパクト
 過剰な医療は共有地の悲劇かも知れない
 プロフェッショナルとしての社会的役割も重要である
 治療開始をどうするか?

付 録
 1. 臨床上の疑問の解決法と文献の検索・選択のヒント
 2. EBMとは

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る