新版 卵巣組織凍結・移植 新しい妊孕性温存療法の実践
  • 有料閲覧

新版 卵巣組織凍結・移植 新しい妊孕性温存療法の実践

筆頭著者 鈴木 直 (編) 医歯薬出版 電子版ISBN 電子版発売日 2021年9月20日 ページ数 288 判型 B5判 印刷版ISBN 978-4-263-73202-1 印刷版発行年月 2021年8月

書籍・雑誌概要

●卵巣組織凍結・移植の最新知見を網羅した世界でも希有の書!8年ぶりの増補全面大改訂!
●小児・AYA(思春期・若年)世代の女性がん患者の妊孕性温存療法として、今後の普及・発展がおおいに期待されている卵巣組織凍結・移植。
●本技術をあらゆる角度から検討しまとめた、本邦唯一かつ世界でも希有の書。
●卵巣組織凍結保存を実施している施設は2013年4月時点の7施設から、2020年10月現在で48施設と全国に幅広く拡大中。
●さらに、小児・AYA世代がん患者等への卵巣組織凍結については、2021年4月より国の公的助成金制度が開始されている。

■本書は手技がよくわかるWEB動画付き
動画一覧
【卵巣組織のガラス化保存法】
・卵巣ガラス化凍結法~Type MとOva Cry
o Closed Deviceについて~
【卵巣組織採取】
・3.5mmポートを用いたダイヤモンド法による卵巣摘出術
【卵巣組織移植】
・残存卵巣への同所性移植①②

目次

第1章 卵巣組織の凍結の基礎
第2章 卵巣組織の採取と移植
第3章 卵巣組織の凍結・移植に関する諸問題
第4章 卵巣組織の凍結の将来
第5章 本邦におけるがん・生殖医療への支援

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る