これからの腎不全看護
  • 有料閲覧

これからの腎不全看護

個別的なケアを実現するための意思決定支援 筆頭著者 守田 美奈子 川上 潤子 (監) 日本赤十字看護大学 学長/日本赤十字社医療センター 看護部長 インターメディカ 電子版ISBN 978-4-89996-430-8 電子版発売日 2020年8月10日 ページ数 176 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-89996-427-8 印刷版発行年月 2020年7月

書籍・雑誌概要

慢性腎不全患者の意思決定をどう支援するか?
患者の持つセルフケアの力を引き出し、その力を伸ばす支援とは?
日本赤十字社医療センターと日本赤十字看護大学が共同して現場の看護師の語りから、実践の知を「見える化」しました。

慢性疾患を持つ患者へのケアは、患者さんの状況や個性に応じて実践方法を工夫する必要があるため、一筋縄ではいきません。特に患者の意思決定を支援する時、どうやって患者の意思を把握し、その決定を支援できるのか。経験の浅い看護師にとっては、難しい課題です。
その課題を対応するため、日本赤十字社医療センターと日本赤十字看護大学が共同で、慢性腎臓病の患者のケアに関わる看護師の語りをもとに、看護あるいは医療における実践の知を「見える化」しました。
本書は「腎不全看護」の事例をもとに、患者・家族への援助を行う際の基本的な考え方、具体的な患者を想定して意思決定支援の実際、日本赤十字社医療センターで行われている外来や病棟での実践のしくみを紹介しています。また、意思決定支援に必要な知識もまとめています。
付属のWeb動画では、患者の腎代替療法の導入に向けた意思決定支援のひとつであるピアラーニングについて、その進め方や看護師の役割について、実践的に解説しています。

目次

Chapter.1 腎不全看護とは
 腎不全看護における個別的な看護支援
 腎不全看護における意思決定支援
 これからの腎不全看護のためにできること

Chapter.2 個別的な看護の実践 患者の個性に即した看護を行うために
 個別的な看護の手がかりとなる現象学的アプローチ
 個別的な腎不全看護へのステップ
 一人ひとりの意思決定を支えるために

Chapter.3 意思決定支援の実践
 腎不全保存期から腎代替療法選択まで
 腹膜透析導入期
 透析維持期
 エンド・オブ・ライフ期

Chapter.4 意思決定を支える看護ケア
 外来時の看護ケア
 [外来時の看護ケア①] 外来カンファレンス
 [外来時の看護ケア②] 面談
 [外来時の看護ケア③] ピアラーニング
  【Web動画】
血液透析(HD)についてのピアラーニング
腹膜透析(PD)についてのピアラーニング
 [外来時の看護ケア④] 学習支援
 透析導入決定後の看護ケア
 [透析導入決定後の看護ケア①] 導入時カンファレンス
 [透析導入決定後の看護ケア②] 退院後療養者訪問

Chapter.5 意思決定支援に必要な基礎知識
 慢性腎臓病という疾患
 透析導入のタイミング
 腎代替療法

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る