ケロイド・肥厚性瘢痕 診断・治療指針 2018
  • 有料閲覧

ケロイド・肥厚性瘢痕 診断・治療指針 2018

筆頭著者 瘢痕・ケロイド治療研究会 (編) 全日本病院出版会 電子版ISBN 978-4-86519-251-3 電子版発売日 2018年9月3日 ページ数 102 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-86519-247-6 印刷版発行年月 2018年7月

書籍・雑誌概要

ケロイド・肥厚性瘢痕をどうやって治療すべきなのか。治療法のエビデンスを明確化し、さらに部位別の治療指針を提示!治療法各論では「概念」「コツとヒント」「注意」「ゴール」を整理して記載しました。
「本当に使える」ケロイド・肥厚性瘢痕の診断・治療指針、ここに登場!

目次

Ⅰ 診断アルゴリズム
 1.ケロイド・肥厚性瘢痕の診断アルゴリズム
 2.ケロイド・肥厚性瘢痕と外観が類似している良性腫瘍の鑑別診断
 3.ケロイド・肥厚性瘢痕と外観が類似している悪性腫瘍の鑑別診断
 4.ケロイド・肥厚性瘢痕の臨床診断
 5.ケロイド・肥厚性瘢痕の病理診断
 6.ケロイド・肥厚性瘢痕の画像診断
 JSW Scar Scale(JSS)2015
Ⅱ 治療アルゴリズム
 1.一般施設での加療
 2.専門施設での加療
Ⅲ 治療法各論
 1.副腎皮質ホルモン剤(テープ)
 2.副腎皮質ホルモン剤(注射)
 3.その他外用剤(副腎皮質ホルモン剤,非ステロイド系抗炎症剤,ヘパリン類似物質,シリコーンジェル・クリーム)
 4.内服薬(トラニラスト,柴苓湯)
 5.安静・固定療法(テープ,ジェルシート)
 6.圧迫療法(包帯,サポーター,ガーメントなど)
 7.手術(単純縫合)
 8.手術(くり抜き法,部分切除術)
 9.手術(Z形成術)
 10.手術(植皮,皮弁)
 11.術後放射線治療
 12.放射線単独治療
 13.レーザー治療
 14.メイクアップ治療
 15.精神的ケア
 16.その他
   A.凍結療法(保険適用外)
   B.5-FU療法(保険適用外)
   C.ボツリヌス毒素療法(保険適用外)
   D.脂肪注入療法(保険適用外)
Ⅳ 部位別治療指針
 1.耳介軟骨部
 2.耳介耳垂部
 3.下顎部
 4.前胸部(正中切開)
 5.前胸部(その他)
 6.上腕部
 7.肩甲部
 8.関節部(手・肘・膝・足)
 9.腹部(正中切開)
 10.腹部(その他)
 11.恥骨上部
 12.その他

Key Word Index

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る