jmedmook41 あなたも名医!名医たちの感染症の診かた・考えかた
  • 有料閲覧

jmedmook41 あなたも名医!名医たちの感染症の診かた・考えかた

日本医事新報社 電子版ISBN 978-4-7849-6577-9 電子版発売日 2017年10月9日 ページ数 248 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7849-6441-3 印刷版発行年月 2015年12月

書籍・雑誌概要

風邪、急性咽頭炎、急性中耳炎、急性副鼻腔炎、急性気管支炎、リンパ節炎のほとんどで抗菌薬は不要?
抗菌薬処方をガマンしなくてはならないのはどんなとき?
外来で「とりあえず」「念のため」「つい」抗菌薬を処方している医師に贈る、的確な根拠のもとに感染症患者さんに抗菌薬を処方するための指南書!

感染症のオールスターが奇跡の結集!
執筆者一覧はこちら(敬称略)↓↓€
岡 秀昭 (JCHO東京高輪病院感染症内科部長/臨床研修センター長)
相野田祐介 (公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院感染症内科/東京女子医科大学感染症科非常勤講師/国立国際医療研究センター国際感染症センター客員研究員)
青木 眞 (感染症コンサルタント)
岩田健太郎 (神戸大学大学院医学研究科・医学部微生物感染症学講座感染治療学分野教授)
原 弘士 (横浜市立脳卒中・神経脊椎センター薬剤部)
細川直登 (亀田総合病院臨床検査科部長/感染症科部長/地域感染症疫学・予防センター長)
徳田安春 (JCHO本部顧問/筑波大学客員教授/総合診療医学教育研究所代表取締役)
馳 亮太 (成田赤十字病院感染症科部長)
池田裕美枝 (地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院産婦人科副医長)
忽那賢志 (国立国際医療研究センター国際感染症センター/国際診療部)
岸田直樹 (一般社団法人Sapporo Medical Academy代表理事)
青島朋裕 (洛和会音羽病院感染症科・総合診療科)
前野 努 (地方独立行政法人広島市立病院機構広島市立舟入市民病院呼吸器内科)
森 浩介 (横浜南共済病院救急科医長/横浜市立大学医学部救急医学教室)
渋江 寧 (JCHO東京高輪病院感染症内科・総合内科チーフ)
香川大樹 (神鋼記念病院感染症科科長)
松尾裕央 (兵庫県立尼崎総合医療センター感染症内科/ER総合診療科医長)
小野大輔 (東邦大学医学部微生物・感染症学講座)
根本隆章 (JCHO東京城東病院総合内科チーフ)
山本舜悟 (神戸大学大学院医学研究科・医学部微生物感染症学講座感染治療学分野)
永田理希 (ながたクリニック院長/加賀市民病院(加賀市医療センター)感染制御室感染制御・抗菌薬適正指導顧問)
三村一行 (東邦大学医学部微生物・感染症学講座)
内田大介 (川崎市立多摩病院腎臓高血圧内科任期付助教)
菅長麗依 (亀田ファミリークリニック館山 家庭医診療科医長)
滝本浩平 (大阪大学医学部附属病院集中治療部助教)
佐々木雅一 (東邦大学医療センター大森病院臨床検査部)
羽山ブライアン (がん研究会有明病院感染症科副医長)
黒川正美 (JCHO東京高輪病院統括診療部臨床検査科主任)
西村 翔 (神戸大学大学院医学研究科・医学部微生物感染症学講座感染治療学分野)
大場雄一郎 (大阪府立急性期・総合医療センター総合内科医長(部長代理))
佐藤高広 (東邦大学医療センター大森病院総合診療・急病センター(感染症科))
福井悠人 (東邦大学医療センター大森病院総合診療・急病センター(感染症科))
加藤英明 (横浜市立大学附属市民総合医療センター感染制御部助手)€
前田 正 (東邦大学医療センター大森病院総合診療・急病センター(感染症科)助教)
€ 大路 剛 (神戸大学大学院医学研究科・医学部微生物感染症学講座感染治療学分野講師)

目次

第1章 感染症診療の基本をまず押さえよう!
01 外来における感染症診療の原則
02 外来感染症のゲシュタルト
03 外来で使う抗菌薬─抗菌薬総論
04 外来でできる微生物検査
05 バイタルと身体所見
06 外来で使える点滴抗菌薬
07 妊婦の感染症,妊娠中·授乳中の抗菌薬
08 渡航後の感染症
09 高齢者の感染症
第2章 発熱プラスαの診断学
10 頭痛
11 鼻水
12 咽頭痛
13 咳
14 リンパ節腫脹
15 関節痛
16 腹痛
17 嘔吐・軟便(下痢)
18 発疹(紫斑,紅斑を中心に)
第3章 外来で診る感染症の対処法
19 風邪
20 急性中耳炎
21 急性鼻副鼻腔炎
22 急性咽頭炎
23 肺炎/気管支炎
24 膀胱炎/腎盂腎炎/急性前立腺炎
25 虫垂炎/憩室炎
26 皮膚·軟部組織感染症/動物咬傷
27 尿道炎/腟炎/性感染症
28 不明熱と敗血症
第4章 外来での微生物別の対応法
29 グラム陽性球菌─肺炎球菌/溶連菌/黄色ブドウ球菌
30 グラム陰性桿菌─大腸菌/インフルエンザ菌
31 マイコプラズマ,百日咳,クラミドフィラ
32 カンピロバクター/サルモネラ/病原性大腸菌
33 インフルエンザ
34 結核,非結核性抗酸菌症
第5章 外来で使用できる抗菌薬の使い方
35 ペニシリン,セファロスポリン(βラクタム)
36 マクロライド,リンコマイシン
37 キノロン
38 その他(ST合剤,テトラサイクリン,メトロニダゾール,アミノグリコシド)
第6章 感染症予防のための一手
39 成人のワクチンプラクティス

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る