苦悩することの希望
  • 有料閲覧

苦悩することの希望

専門家のサファリングの人類学 筆頭著者 浮ヶ谷 幸代 (編著) その他の著者 阿部年晴・沖田一彦・加藤直克・田中大介・福冨律・星野晋・松繁卓哉・山上実紀(共著) 協同医書出版社 電子版ISBN 978-4-7639-9516-2 電子版発売日 2018年3月19日 ページ数 294 判型 菊 印刷版ISBN 978-4-7639-6023-8 印刷版発行年月 2014年12月

書籍・雑誌概要

保健医療福祉の専門家本人が抱える、仕事ゆえの苦悩の深層をテーマに取り上げたユニークな論文集。医療現場のフィールドワークをもとにまとめられた医療人類学からの提言。

目次

◆医療専門家の苦悩をいかに解き明かすか?
◆ケアはいつケアとなるか~原サファリングと二次サファリング
◆生活の場からの発想~医療システムと生活知
◆医師の役割意識と苦悩
◆理学療法士のサファリング~専門家と生活者とのはざまで
◆「かかわりの専門職」の体験する苦悩と可能性
◆「ご遺体」は最初の患者である
◆葬儀業の仕事にみる専門家のケアとサファリング~死と葬儀をめぐる職業的機制の観察から
◆現代の対人援助専門職のサファリング~多職種連携のインターフェースに着目して
◆「適度な距離」の模索~医療専門家のサファリングの創造性

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る