大腸ポリープマネジメント
  • 有料閲覧
内視鏡医のための

大腸ポリープマネジメント

発見・診断・治療からサーベイランスまで 筆頭著者 松田 尚久 (編集) その他の著者 堀田/欣一 日本メディカルセンター 電子版ISBN 978-4-88875-916-8 電子版発売日 2017年7月3日 ページ数 244 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-88875-281-7 印刷版発行年月 2015年10月

書籍・雑誌概要

科学的な観点から大腸ポリープ診療を見直す.
 最新の画像強調内視鏡の観察法, Cold polypectomy, サーベイランス, スクリーニング, Quality indicatorなどの今後、重要になると思われる項目も網羅している.この本を読むと今までの大腸ポリープ診療を見直すいい機会になる.

目次

第1章 大腸ポリープの疫学,病理
  自然史 —大腸癌発生に関する歴史的経緯を中心に/疫学/病理診断/病態 —局在と形態から考える

第2章 大腸ポリープの発見と鑑別診断
  発見率向上のためのStrategy/腫瘍・非腫瘍の鑑別/腺腫・癌の鑑別/深達度診断/注意すべき病変の診かた

第3章 大腸ポリープの内視鏡治療
  内視鏡治療のStrategy/内視鏡治療の種類と特徴/大腸SM癌摘除後の病理学的評価、追加外科切除基準 —現行ガイドラインとその問題/抗血栓薬内服者の取り扱い

第4章 エビデンスに基づく大腸ポリープ摘除後のサーベイランス
  Japan Polyp Studyの結果からみたポリープ摘除後のサーベイランス/National Polyp Studyと海外ガイドラインでの取り扱い

第5章 大腸内視鏡を用いた大腸癌スクリーニングの試み
  秋田STUDY/新島STUDY/海外における臨床試験

第6章 大腸内視鏡のQuality controlに向けて
  大腸内視鏡のQuality indicator/内視鏡の大規模データベース/初心者に対する大腸内視鏡治療のトレーニング

付録 大腸ポリープ診療のための主要文献60編の解説

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る