よく出会う18症例で学ぶプレゼンテーションの具体的なポイントとコツ
  • 有料閲覧

よく出会う18症例で学ぶプレゼンテーションの具体的なポイントとコツ

初めてだってうまくいく! 筆頭著者 天理よろづ相談所病院レジデント (著) その他の著者 編集:江原淳、監修:中川義久、八田和大 三輪書店 電子版ISBN 978-4-89590-560-2 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 236 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-89590-423-0 印刷版発行年月 2013年1月

書籍・雑誌概要

よく出会う症例ごとに、押さえておくべきプレゼンテーションの具体的なポイントとコツを、天理よろづ相談所病院の教育的カンファレンスを誌上再現するかたちでわかりやすくまとめた。本書の研修医とともにカンファレンスに参加して、ほめられるプレゼンテーション力を身につけよう。

目次

第1章 フルプレゼンテーションの基本
① 天理よろづ相談所病院でのプレゼンテーションの掟
② プレゼンテーションにこだわる理由
③ 症例プレゼンテーションの「型」をマスターしよう
④ プレゼンテーションの「型」は診療の流れの再現である
⑤ プレゼンテーションは推理小説である
⑥ 絶対に覚えておくべきプレゼンテーションルール
⑦ 各パートの上手なまとめ方

  第2章 症例で学ぶフルプレゼンテーション【入門編】
症例1 腎生検目的に入院となった43歳男性 (微小変化型ネフローゼ)
症例2 市中肺炎で緊急入院した80歳女性
症例3 悪性リンパ腫の82歳女性
症例4 肺癌の化学療法変更目的に入院となった63歳女性
症例5 脳卒中で緊急入院となった55歳男性
症例6 左季肋部痛にて早朝に救急外来を受診した31歳男性 (急性膵炎)
症例7 多発関節痛を主訴に来院した21歳女性 (全身性エリテマトーデス初発例)

  第3章 ショートプレゼンテーション編
●ショートプレゼンテーションが行われるとき
●コンサルト先の専門科サイドからよく開かれる苦情
●ショートプレゼンテーションのテンプレートを覚えよう!
●コンサルト実例をみてみよう

  症例8 救急外来で上級医へのコンサルテーション① (ろれつ困難と右上肢麻痺を主訴に来院した83歳男性)
症例9 救急外来で上級医へのコンサルテーション② (1週間前からの咽頭痛を主訴に来院した27歳女性)
症例 循環器内科医へのコンサルテーション (胸痛で救急搬送された70歳男性)
症例11 消化器外科医へのコンサルテーション (腹痛を主訴に来院した40歳男性)
症例12 入院患者の他科へのコンサルテーション (呼吸器内科入院中に閉塞性黄疸を発症した症例)

  第4章 症例で学ぶフルプレゼンテーション【応用編】
症例13 全身倦怠感,炎症反応高値の精査目的に入院となった84歳男性 (不明熱)
症例14 治療のその後…・85歳男性 (誤嚥性肺炎)
症例15 意識障害で緊急入院となった80歳女性 (肝性脳症)
症例16 進行性の筋力低下を主訴に来院した67歳男性 (筋萎縮性側索硬化症:ALS)
症例17 咳を主訴に来院した53歳女性 (過敏性肺臓炎)
症例18 発熱・意識障害のために即日入院した61歳男性 (感染性心内膜炎)

  あとがき

  クリニカルパール

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る