コペルニクスなガス交換
  • 有料閲覧
かわる!わかる!おもしろい!

コペルニクスなガス交換

毎日の臨床検査から 夢の埋め込み型人工肺まで 筆頭著者 氏家 良人 (監修) 岡山大学名誉教授 その他の著者 北岡裕子 克誠堂出版 電子版ISBN 978-4-7719-6042-8 電子版発売日 2019年6月17日 ページ数 140 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-7719-0499-6 印刷版発行年月 2018年4月

書籍・雑誌概要


目次

第1章 ガス交換、ゼロから考えよう
1 換気とガス交換の関係
2 ガス交換、何が交換されるのか
3 肺胞気式を再点検、なぜに呼吸商?
4 肺胞換気量を再点検、単位を揃えよう!
5 流体力学にもとづいたガス交換理論の再構築
6 死腔を再点検、まぼろしの「生理学的死腔」
7 死腔洗い出し効果をざっくり定量化
COLUMN
1-1 PPAPに学ぶ数式のオキテ
1-2 流量(flow rate)と流速(velocity)は違う

第2章 肺胞で起こっていること
1 肺胞系の構造
2 ガス交換の最小単位は亜細葉
3 肺胞におけるガス分子の移動
4 肺胞の運動によって換気がなされる
5 ガス交換障害の最重要病変は肺胞虚脱
COLUMN
2-1 開閉するのは、管か口か?
2-2 同調圧力
2-3 折り紙による立体認知訓練

第3章 換気と血流のバランス
1 簡単なコンパートメントモデルで考える
〔換気血流比がどちらのパートも等しい場合/死腔効果/シャント効果〕
2 いろいろな換気血流比
3 肺内シャントが換気血流不均等分布の本態
4 肺胞気動脈血酸素分圧較差(AaDO2)の意味するところ
COLUMN
3-1 換気量と気流量の区別
3-2 含気と換気の区別

第4章 肺拡散能を徹底解明
1 拡散能に関する従来の考え方
2 毛細血管通過時間の怪
3 肺拡散能は有効肺血流量の指標
4 間質性肺炎におけるガス交換障害の本態
〔間質性肺炎の「間質」とは/間質性肺炎における肺胞壁の形態変化/DLCO低下の原因は肺胞虚脱による血流シャント〕
COLUMN
4-1 匂いを嗅ぐときクンクンする理由
4-2 毛細血管の通過時間について

第5章 非侵襲的人工換気:ハイフローセラピーを中心に
1 ガス交換の異常を機械を用いて是正する
2 ハイフローセラピーとは
3 ハイフローセラピー下の気流をシミュレート
〔呼吸器系のコンピュータモデル/計算方法/ハイフローによるCO2洗い出し/ハイフローによる気道内圧上昇〕
4 呼気中の気道内圧増加の臨床的意義
5 ハイフローセラピーvs.NPPV
COLUMN
5-1 職業としての学問
5-2 「着物ビズ」推進運動、続行中

第6章 侵襲的人工換気:高頻度換気を中心に
1 ARDSと肺保護換気
2 高頻度換気(HFV)に関する従来の考え方
3 HFV中の気流をシミュレート
〔コンピュータモデルと計算方法/計算結果/極小換気量でも換気がなされるメカニズム/ 1 回換気量と換気効率の関係/換気頻度と気道内圧振幅の関係〕
4 換気回路のデザインによる換気効率の向上
COLUMN
6-1 マックス・ウェーバーの死因
6-2 進路指導の思い出

第7章 埋め込み型人工肺は作れる
1 人工肺について
2 肺胞系の4Dモデル
〔亜細葉内気流路生成アルゴリズム/肺胞生成アルゴリズム/肺胞壁に毛細血管を備えた亜細葉モデル〕
3 換気・血流・拡散シミュレーション
〔計算方法/計算結果〕
4 埋め込み型人工肺が備えるべき条件
5 埋め込み型人工肺を作ろう
COLUMN
7-1 諏訪紀夫先生の『病理形態学原論』
7-2 天動説と地動説

付録 肺胞折り紙モデルの作り方
1 折り紙用紙のコピー
2 肺胞モデルの作成
3 胎児肺胞管モデルの作成
4 成体肺胞管モデルの作成

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る