血液・造血器/感染症/悪性腫瘍
  • 有料閲覧
≪臨床薬学テキストシリーズ≫

血液・造血器/感染症/悪性腫瘍

筆頭著者 望月 眞弓 (担当編集) 慶應義塾大学 その他の著者 加藤/裕久 服部/豊 中山書店 電子版ISBN 電子版発売日 2021年6月28日 ページ数 416 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-521-74455-1 印刷版発行年月 2021年6月

書籍・雑誌概要

臨床現場の薬剤師には,薬理学的知識はもちろん,疾患の病態や症候,検査・診断と治療に関する幅広い知識が求められる.本書では,薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠しつつ,薬学と医学の共同作業により,血液・造血器,感染症,悪性腫瘍の3つの領域の治療薬と主要な疾患について,最新知見を盛り込んでわかりやすく解説.「新型コロナウイルス感染症」についても詳しい解説を加えた.随所に挿入したコラムやトピックスで理解の促進を図り,サイドノートには用語解説や役立つ豆知識,薬剤の構造式を収載.巻末には国家試験問題の出題傾向をもとに作成した「確認問題」を掲載.

目次

第1章 血液・造血器疾患
 A.総論
  1.修得すべき知識の概要
  2.造血の生理学
  3.止血・線溶の生理学
  4. 血液疾患の検査
 B.疾患各論
  1.貧血
   1-1. 貧血概論
   1-2.鉄欠乏性貧血
   1-3.巨赤芽球性貧血(悪性貧血等)と腎性貧血
   1-4.自己免疫性溶血性貧血
   1-5.再生不良性貧血
   1-6.発作性夜間ヘモグロビン尿症
   1-7.骨髄異形成症候群
  2.白血球減少症
  3.白血病
   3-1. 白血病概論
   3-2.急性骨髄性白血病
   3-3.急性リンパ性白血病と成人T細胞白血病/リンパ腫
   3-4.慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病
  4. 骨髄増殖性腫瘍
  5.悪性リンパ腫
   5-1. 悪性リンパ腫概論
   5-2. ホジキンリンパ腫
   5-3. 非ホジキンリンパ腫
  6.多発性骨髄腫
  7.特発性血小板減少性紫斑病/免疫性血小板減少性紫斑病と血栓性血小板減少性紫斑病
  8.凝固異常症(播種性血管内凝固症候群,血友病)
  9.血栓塞栓症
  10.造血幹細胞移植
  11.輸血療法

第2章 感染症
 A.総論
  1.修得すべき知識の概要
  2.感染症と治療の概要
  3.感染症に関する薬剤
   3-1.β-ラクタム系抗菌薬:
   3-2.β-ラクタム系以外の抗菌薬
   3-3.抗ウイルス薬
   3-4.生物学的製剤
   3-5.抗真菌薬
   3-6.消毒薬
  4.薬剤耐性菌と院内感染
 B.疾患各論
  1.全身性細菌感染症
  2.消化器感染症
  3.抗酸菌感染症(結核,非結核性抗酸菌症,ハンセン病)
  4.MRSA,VRE,セラチア,緑膿菌による感染症
  5.その他の細菌感染症(ペスト,炭疽,リケッチア症)
  6.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
  7.後天性免疫不全症候群
  8.その他のウイルス感染症
  9.真菌感染症(カンジダ症,ニューモシスチス肺炎,肺アスペルギルス症,クリプトコックス症)
  10.原虫感染症(マラリア,トキソプラズマ症,トリコモナス症,アメーバ赤痢)
  11.その他の寄生虫感染症(回虫症,蟯虫症,アニサキス症,エキノコックス症)

第3章 悪性腫瘍
 A.総論
  1.修得すべき知識の概要
  2.悪性腫瘍の基礎知識
  3.悪性腫瘍の治療の概要
  4.抗悪性腫瘍薬総論
   4-1.従来型の抗悪性腫瘍薬
   4-2.分子標的治療薬,免疫チェックポイント阻害薬,その他
  5.支持療法総論
 B.疾患各論
  1.消化器系
   1-1.食道癌
   1-2.胃癌
   1-3.大腸癌
   1-4.肝癌
   1-5.胆道癌
   1-6.膵癌
  2.肺癌
  3.悪性脳腫瘍
  4.頭頸部悪性腫瘍(頭頸部癌)
  5.網膜芽細胞腫
  6.悪性黒色腫
  7.腎・尿路器系
   7-1.腎癌
   7-2.膀胱癌
  8.生殖器系
   8-1.子宮癌,卵巣癌
   8-2.前立腺癌
  9.乳癌
  10.骨肉腫

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る