リンパ浮腫診療ガイドライン 2018年版
  • 有料閲覧

リンパ浮腫診療ガイドライン 2018年版

筆頭著者 日本リンパ浮腫学会 (編) 金原出版 電子版ISBN 978-4-307-80383-0 電子版発売日 2019年1月21日 ページ数 100 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-307-20383-8 印刷版発行年月 2018年3月

書籍・雑誌概要

癌治療に伴う続発性(二次性)リンパ浮腫の診療ガイドライン、4年ぶりの改訂版。今版ではCQ全体を「疫学・予防」と「診断・治療」の2章立てとし、計21のCQについてエビデンスをもとに診療の指針を分かりやすく解説。推奨グレード表記がそぐわないCQでは、エビデンスグレード表記を使用した。より質の高いリンパ浮腫ケアを患者に提供するために、リンパ浮腫診療に携わる医療者必携の一冊。

目次

リンパ浮腫診療ガイドラインについて
総論

クリニカルクエスチョン
I.疫学・予防
CQ1 セルフケアのためのリンパ浮腫指導は有用か?
CQ2 センチネルリンパ節生検によって腋窩郭清を省略した乳癌患者に対して、リンパ浮腫ケアは必要か?
CQ3 生活関連因子(採血・点滴、血圧測定、空旅、感染、温度差、日焼け)は続発性リンパ浮腫の発症、増悪の原因となるか?
CQ4 乳癌患者に対する乳房再建術は、続発性リンパ浮腫の発症に影響しないか?
CQ5 弾性着衣は続発性リンパ浮腫の予防的治療として勧められるか?
CQ6 a.用手的リンパドレナージ(MLD)は続発性リンパ浮腫の発症予防の一環として勧められるか?
   b.シンプルリンパドレナージ(SLD)は続発性リンパ浮腫の発症予防の一環として勧められるか?
CQ7 a.肥満は続発性リンパ浮腫発症の危険因子か?
   b.体重管理は続発性リンパ浮腫の発症率を下げる、あるいは浮腫を軽減するか?
CQ8 続発性リンパ浮腫のリスクのある患者が運動(エクササイズ)を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫の発症率は減少するか?
CQ9 放射線照射は続発性リンパ浮腫発症の危険因子か?
CQ10 タキサン系薬剤は続発性リンパ浮腫発症の危険因子か?
II.診断・治療
CQ11 続発性リンパ浮腫に対して、弾性着衣は標準治療として勧められるか?
CQ12 続発性リンパ浮腫に対して、多層包帯法(MLLB)は標準治療として勧められるか?
CQ13 a.続発性リンパ浮腫に対して、用手的リンパドレナージ(MLD)は標準治療として勧められるか?
   b.続発性リンパ浮腫に対して、シンプルリンパドレナージ(SLD)は標準治療として勧められるか?
CQ14 a.続発性リンパ浮腫に対して、圧迫療法や用手的リンパドレナージ(MLD)に間欠的空気圧迫療法(IPC)を加えることは予防の一環として勧められるか?
   b.続発性リンパ浮腫に対して、圧迫療法や用手的リンパドレナージ(MLD)に間欠的空気圧迫療法(IPC)を加えることは標準治療として勧められるか?
CQ15 続発性リンパ浮腫に対して、運動(エクササイズ)は治療として勧められるか?
CQ16 続発性リンパ浮腫に対してリンパ管細静脈吻合術を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫は改善するか?
CQ17 続発性リンパ浮腫に対して血管柄付きリンパ節移植術を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫は改善するか?
CQ18 続発性リンパ浮腫に対して脂肪吸引術を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫は改善するか?
CQ19 続発性リンパ浮腫に対して漢方薬を使用した場合、使用しなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか?
CQ20 続発性リンパ浮腫に対して漢方薬以外の薬物を使用した場合、使用しなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか?
CQ21 原発性(一次性)リンパ浮腫に対して複合的治療を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか?

リンパ浮腫診療ガイドラインの外部評価
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る