その心房細動,治しますか?付き合いますか?4版
  • 有料閲覧

その心房細動,治しますか?付き合いますか?4版

筆頭著者 山根 禎一 (著) 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年1月15日 ページ数 126 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-13635-9 印刷版発行年月 2017年3月

書籍・雑誌概要

心房細動の基本的かつ素朴な疑問から,アブレーション手術まで,かかりつけ医と患者のための入門書.第4版では心原性脳梗塞や新規抗凝固薬の使い分けなどを加筆した.

目次

第 1 部 心房細動ってどういう病気なんだろう
心房細動のイメージをもっていただくために………………2
心房細動の原因…………………………………………………5
心房細動と年齢…………………………………………………6
心房細動があると何がよくないの? …………………………8
心房細動は進行性の病気です………………………………10
心房細動って良性? 悪性? ………………………………12
心房細動ってどうしたらいいの? …………………………14

第 2 部 心房細動の治療法について
心房細動にはどのような治療法があるの? ………………16
レートとリズム………………………………………………18
心臓だけ見ていてもだめ……………………………………21
抗不整脈薬の使い方…………………………………………23
抗不整脈薬はなぜ心房細動に効きにくいのか? …………28
「サンリズム獏一生飲め」………………………………………30
発作性から慢性への進行……………………………………31
どのような人が専門施設に行くべきか……………………33
よく話し合うことからすべて始まる………………………35

第 3 部 脳梗塞の予防
なぜ、脳梗塞の予防が重要なの? …………………………40
CHADS2 スコアとは? ………………………………………42
ワルファリンについて………………………………………44
直接作用型抗凝固薬…………………………………………46
直接作用型抗凝固薬の使い分け……………………………48

第 4 部 目の前の心房細動の患者さんを分析しよう
患者さんの状態を把握するためのトライアングル………52
年齢……………………………………………………………53
症状……………………………………………………………55
心房細動の進行度……………………………………………56

第 5 部 カテーテルアブレーションとはどんな治療なのか?
カテーテルアブレーションの原理…………………………60
心房細動に対するカテーテルアブレーション治療………62
最近のカテーテルアブレーション:バルーンアブレーション……………………………64
カテーテルアブレーションの治療成績……………………66
心房細動アブレーションを受ける時期について…………68
心房細動を治すことは患者さんの予後を改善するのかどうか? …………………………………69
大きな分かれ道………………………………………………71

第 6 部 心房細動をいかにして早期発見するか:かかりつけ医の役割
早期発見がなぜ大切か(かかりつけ医の立場から)………74
どうやって早期発見するか(患者さんの立場から)………76
すでに慢性心房細動になってしまった方へ………………78

第 7 部 心房細動周辺の諸々のお話
アップストリーム治療………………………………………82
医療費のこと…………………………………………………84

第 8 部 具体例で見る心房細動の患者さんの治療
症例1 心房細動カテーテルアブレーション治療記……86
症例2 ペースメーカーが必要って言われたけど……
……………………………………………95
症例3 高齢だからって治療しなくていいの? …………99
症例4 慢性で無症状の患者さん………………………101
症例5 心不全と心房細動………………………………104
症例6 妊婦さんの心房細動……………………………106
症例7「治ると聞いて来たのに……」…………………108
症例8 状態が悪すぎて治らなかった人………………110
症例9 ご本人が手術を希望されなかった人…………112
症例10 一度の発作であれば,まだ様子を見たほうがいい…………………………………………114
症例11 健診で見つかった時から持続性心房細動の人116
症例12 外科手術で治った人……………………………118

第 9 部 心房細動のイメージ
心房細動の患者さんは、徐々に拡がる川を舟に乗って下っている……………………………………122

索 引………………………………………………………125

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る