循環器救急の真髄 教えます
  • 有料閲覧
明日のアクションが変わる

循環器救急の真髄 教えます

筆頭著者 川上 将司 (著) 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年1月15日 ページ数 418 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-13432-4 印刷版発行年月 2017年3月

書籍・雑誌概要

循環器救急の現場で豊富な経験を持つ著者が,急性期対応から薬物療法,補助循環など,選りすぐりの12テーマについてその“真髄”を語る貴重な書.

目次

第1話 知っておくべき臨床の常識・大原則
 1 「呼吸数」はバイタルサインの王である
 2 「とりあえず検査」体質をなくせ.検査前確率の重要性
 3 血液ガス分析というスピードスター
 4 コモン・イズ・コモン
 5 動かない勇気
第2話 ようこそ,循環器救急の世界へ
 1 Preparation
 2 Primary Survey+E3
 3 初期検査提出
 4 Secondary survey
 5 治療介入
第3話 電撃性肺水腫からはじめる急性心不全入門
 1 急性心不全とは:定義と診断基準
 2 急性心不全の診断におけるナトリウム利尿ペプチド
 3 クリニカルシナリオという共通言語
 4 収縮期血圧:もっとも単純で簡便な循環指標
 5 心不全の臨床像はNohria-Stevenson分類に基づいて整理する
 6 Nohria-Stevenson分類とForrester分類.何が違うのか
 7 Wet=うっ血の所見.うっ血は心不全の本態である
 8 急性心不全患者の初期のマネージメント:CHAMPを除外せよ
 9 心エコーの使い方:血行動態指標を意識する
  10 肺動脈カテーテルと対比させて覚える心エコー指標
  11 よく使う左心系の心エコー指標
  12 よく使う右心系の心エコー指標
 ◎症例実況中継 (1)
  13 電撃性肺水腫の呼吸管理:NPPVの使い方
  14 電撃性肺水腫ではCO2は貯留するのか?
  15 うっ血解除(decongestion)と利尿薬の話
  16 血管拡張薬はただの降圧薬ではない
  17 初期治療がうまくいかないときに知っておくべきこと
第4話 ST上昇型心筋梗塞のイロハとprimary PCI
 1 急性冠症候群とは:概念と分類
 2 急性心筋梗塞の定義:Universal definition
 3 心筋虚血の典型的な症状とは何か
 4 急性冠症候群を疑ったら
 5 急性冠症候群でみられるST変化
 6 ST上昇の誘導による冠動脈閉塞部位診断
 7 STE-ACSのタイムマネージメント
 8 Door-to-device timeのパラドックス
 9 Primary PCIの適応
  10 Primary PCIにおける抗血栓療法:抗凝固薬編
  11 ベアメタルステントと薬剤溶出性ステントの違い
  12 Primary PCIにおけるステントの選択
  13 Primary PCIにおける抗血栓療法:抗血小板薬編
 ◎症例実況中継 (2)
  14 プレホスピタル心電図は有効なのか
  15 STE-ACSにおける酸素投与
  16 ST上昇から責任病変を推測:前壁心筋梗塞の場合
  17 梗塞前狭心症の存在:プレコンディショニングの観点から
  18 不朽の名作:Killip分類
  19 カテーテルのアプローチ部位
  20 冠動脈造影とTIMI血流分類・心筋濃染グレード
  21 Primary PCIにおける血栓吸引療法は有効でない?
  22 Direct stentingは有効か?
  23 再灌流の指標となる促進心室固有調律
  24 Primary PCIと造影剤腎症予防のマネージメント
第5話 急性心筋梗塞の薬物療法を急性期管理の点から考える
 1 β遮断薬
 2 ACE阻害薬
 3 スタチン
 4 硝酸薬とCa拮抗薬
 ◎症例実況中継 (3)
第6話 「遅れてやってきた」心筋梗塞との戦い方
 1 発症から時間が経過した急性心筋梗塞に冠血行再建術は必要か
 2 肺動脈カテーテルと血行動態指標たち
 3 知っておくと便利な混合静脈血酸素飽和度
 4 肺動脈カテーテルは遺産? 循環器科医の本音
 5 強心薬は必要悪?
 6 大動脈バルーンパンピングの理論
 7 大動脈バルーンパンピングにエビデンスなし?
 ◎症例実況中継 (4)
 8 Frank-Starlingの法則
 9 心筋マーカーの推移を発症時期推定に活かす
  10 IABPの離脱のポイント
第7話 心停止後症候群と低体温療法
 1 心停止にまつわる基本事項
 2 突然死と心疾患の蜜月.特に冠動脈疾患
 3 心停止後症候群を知る
 4 低体温療法に強くなる
 5 低体温療法のプロトコール
 6 低体温療法中の管理で知っておくべきこと:PAD編
 7 低体温療法中の管理で知っておくべきこと:合併症編
 ◎症例実況中継 (5)
 8 胸骨圧迫は外傷?
 9 筆者の施設での低体温療法プロトコール
第8話 冠動脈が狭くなかったら考えること
 1 簡単にたこつぼ型心筋症とよばないで
 2 海外から逆輸入:たこつぼ型心筋症の報告
 3 たこつぼ型心筋症はたこつぼの形をしていなくてもよい
◎症例実況中継 (6)
 4 カテーテル室でたこつぼ型心筋症と確定できない場合
第9話 自信がもてるPCPS管理
 1 PCPSの名は
 2 PCPSのエビデンス
 3 PCPSを導入する
 4 PCPS維持中の血行動態評価の鉄の掟
 5 PCPS維持中の心機能回復をみる (1):右上肢の酸素分圧(PaO2)
 6 PCPS維持中の心機能回復をみる (2):呼気終末二酸化炭素分圧(ETCO2)
 7 PCPS維持中の心機能回復をみる (3):肺動脈カテーテルの数値
 8 PCPS維持中の心機能回復をみる (4):大動脈弁開放時間
 9 PCPS維持中の循環不全の改善をみる
  10 PCPS維持中に留意すべき合併症とその対策
  11 PCPSで循環が維持できないときに考えるべきこと
  12 心原性ショックと体血管抵抗
  13 PCPSの離脱:循環器救急領域の最大のイベント
 ◎症例実況中継 (7)
第10話 これだけは知っておくべき右室梗塞
 1 正常な右室について知っておきたいこと
 2 右室梗塞の認識はなぜ重要か
 3 右室梗塞の血行動態を理解する
 4 右室梗塞の心電図診断
 5 右室梗塞の診断基準
 6 右室梗塞の治療:補液だけが治療じゃない!
 ◎症例実況中継 (8)
第11話 急性肺血栓塞栓症の初期治療
 1 急性肺血栓塞栓症の病態
 2 急性肺血栓塞栓症の診断に症状・身体所見はあてになるのか
 3 急性肺血栓塞栓症の検査前確率とは
 4 急性肺血栓塞栓症の初期のマネージメント:診断編
 5 急性肺血栓塞栓症の初期のマネージメント:治療編
 6 急性肺血栓塞栓症の呼吸循環管理とヘパリン
 7 ショックを呈する急性肺血栓塞栓症:Primary reperfusion
 8 ショックのない急性肺血栓塞栓症の治療
 9 知っておきたい,心腔内血栓の意義
 ◎症例実況中継 (9)
第12話 感染性心内膜炎の脅威:急性弁膜症を診断する
 1 感染性心内膜炎診療は常に“challenging”である
 2 経食道エコーの重要性
 3 感染性心内膜炎の手術適応
 ◎症例実況中継 (10)
 4 大動脈弁閉鎖不全症:慢性の場合
 5 大動脈弁閉鎖不全症:急性の場合
 6 急性大動脈弁閉鎖不全症のマネージメント

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

  • 明日のアクションが変わる ICU輸液力の法則 私たちはどうやって経営トラブルを乗り越えて理想のクリニックを創ることができたか 川上 大裕 (著) 中外医学社 ISBN 978-4-498-16612-7
  • ≪神経心理学コレクション≫ アクション 丹治 順 (他著) 医学書院 ISBN 978-4-260-01034-4
  • 看護の時代 看護が変わる 医療が変わる 日野原 重明 川島 みどり 石飛 幸三 (著) 日本看護協会出版会 ISBN 978-4-8180-1606-4
  • 感染症診療Pro&Con ディベートから見える診療の真髄 渡辺 彰 (編) 南江堂 ISBN 978-4-524-26409-4
  • てんかん白書 てんかん医療・研究のアクションプラン 日本てんかん学会 (編) 南江堂 ISBN 978-4-524-25963-2
もっと見る