Dr.Kの株式投資戦術
  • 有料閲覧
忙しい医師でもできる

Dr.Kの株式投資戦術

筆頭著者 Dr. K (著) 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年1月8日 ページ数 190 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-04850-8 印刷版発行年月 2017年6月

書籍・雑誌概要

医業のかたわら株式投資もバリバリこなすスーパー勤務医「Dr.K」が,医師のための株式投資戦術を基礎のキソから徹底解説します.

目次

概論 もくじ

1 なぜ株式投資をすすめるのか
  お金って何ですか?
  お金は汚いもの、お金儲けは悪いこと?
  投資はリスクの高いギャンブル?
  株式投資における「リスク」とは
  損をしたくない日本人
  医師はマネ?リテラシーが恐ろしく低い
  医師が株式投資をする前に覚えておくべきたった1つのこと
  目標を明確にする:資産を増やしたいのか安全に運用したいのか
  そもそも株式とは
  株式投資のメリットとデメリット
  株式投資は医師に人気のある投資法である
 COLUMN 先物取引で大損した外科医

2 証券会社の開設手順
  開設するならネット証券(SBI証券を例に)
  実際の口座開設手順(SBI証券を例に)
  初回ログイン後設定(SBI証券を例に)
  ネット銀行の口座開設は少し遅れる
  証券口座とネット銀行口座のユーザーネーム・パスワードなどの変更(SBI証券を例に)
  証券口座に買付余力を反映させる(SBI証券を例に)
  証券口座を開設したら
  証券会社によって違う、売買手数料
 COLUMN 日本人はお金の話をしたがらない

3 医師の株式投資スタンス
  投資によって本業に支障をきたさないこと
  短期投資より中長期投資:デイトレはしないこと
 COLUMN 株に没頭して病院を休んだ医師

4 なぜ株式投資なのか
  医師になぜ株式投資をすすめるのか
  医師はFX、先物、オプション取引を避けるべし
  医師と不動産投資
 COLUMN 病院にかかってくる不動産投資の電話

5 おさえておきたい最低限の知識
  日経平均株価とは、TOPIXとは
  東証、マザーズ、JASDAQとは
  なぜ株価は企業によって異なるのか
  板とチャート
  ローソク足
  チャートパターン
 COLUMN 海外で有名なチャートパターン、カップ・ウィズ・ハンドル(取っ手付きカップ)

6 私の株式投資失敗体験記
  流行株で吹っ飛んだ研修医時代のボーナス
  バイオ株は医師の専門分野?
  システムトレードで損失を積み重ねる
  仕手株で損をする
  ナンピンで損失
  株式投資初期に陥りやすい落とし穴
 COLUMN リーマンショック少年

各論 もくじ

1 入口戦略
  どの銘柄を買うのか
  バリュートラップに注意する
  配当利回りに注目する
  株主優待に注目する
  株を買うタイミング
  逆張りと順張りはどちらが正しいのか
  どのくらいの金額を買うのか
  実際に買うときの操作(SBI証券を例に)
  分散投資が基本だが、分散しすぎはダメ
  今は株を買える時期なのか
  バーチャル株式投資ゲーム
 COLUMN 運用資金が大きいほど配当金生活が可能

2 保有戦略
  狼狽こそが敵
  長期投資はロ?リスクではない
  長期保有に向いている株とは
  含み益・含み損とうまく向き合う
  買い増し:○○ショックは天与の買い場
  悪材料と向き合う
  医師が株価を確認するタイミング
  Buy and holdではダメ
 COLUMN 1万円の損失でパニックになった内科医

3 医師が確認すべき事項
  株価指数:CME日経平均先物、ドル円、ダウ平均株価の終値
  経済指標
  雑誌、新聞、テレビ
  会社四季報
  適時開示情報閲覧サービス(TDnet)
  決算
  もう少し踏み込んで決算を読んでみる:貸借対照表(バランスシート)とキャッシュフロー
  景気サイクル
 COLUMN 4億円の資産を築いた看護師

4 出口戦略
  買いは技術、売りは芸術
  セルインメイ
  短期的には急騰は一旦売るのも手
  中長期的には上昇トレンドに疑問が出たら一旦売るのも手
  売らなければならないとき
  恩株(おんかぶ)を作る
  グランビルの法則
  売りは芸術だが技術でカバー可能
  実際に売るときの操作(SBI証券を例に)
  医師に多い塩漬け株
  含み損にどこまで耐えられるか
  損切りは「負け」ではない
  自分が死んだら株はどうなるのか
 COLUMN 隠れた投資:医師向けポイントサイトとふるさと納税

知っておきたい株式用語

あとがき

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る