免疫腫瘍学
  • 有料閲覧
読んで見てわかる

免疫腫瘍学

筆頭著者 岡 三喜男 (著) 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年1月1日 ページ数 170 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-498-02264-5 印刷版発行年月 2017年4月

書籍・雑誌概要

これまで“免疫”の本は外来抗原に対する感染症をテーマにしたものが多いが,本書は内在抗原である「がん」の視点から免疫と腫瘍の関係,免疫療法などを判り易く解説.

目次

第I部 免疫学の基本的な知識
1 免疫と免疫反応
2 免疫系を担う細胞と組織
3 自然免疫と適応免疫
4 抗原と抗原認識
5 T 細胞の活性化と免疫応答
6 B 細胞の活性化と免疫応答
7 抗体の構造と機能
8 免疫寛容と自己免疫
第II部 腫瘍免疫学
1 がんと免疫
2 がん抗原
3 がん細胞およびがん抗原の認識と免疫応答
4 がんの免疫編集と腫瘍微小環境
5 免疫代謝
第III部 免疫腫瘍学
1 がん免疫療法の歴史
2 がん免疫療法とその考え方
3 免疫療法の各論
4 免疫チェックポイント阻害薬の基礎と臨床
5 免疫療法の効果と有害事象
6 免疫解析法と免疫モニタリング
7 併用免疫療法と複合がん免疫療法

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る