胸腔鏡・腹腔鏡併用食道癌根治手術
  • 有料閲覧

胸腔鏡・腹腔鏡併用食道癌根治手術

手術から周術期管理まで 筆頭著者 昭和大学消化器・一般外科学教室 (編集) メジカルビュー社 電子版ISBN 978-4-7583-7610-5 電子版発売日 2016年12月12日 ページ数 136 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-7583-1524-1 印刷版発行年月 2016年7月

書籍・雑誌概要

「低侵襲」で「合併症の少ない」食道癌の鏡視下手術である,胸腔鏡・腹腔鏡併用手術「昭和大方式」について解説した1冊。
昭和大学消化器・一般外科学教室で約20年間,800例の臨床経験から築き上げた手術手技・周術期管理のノウハウを,豊富な術中写真・シェーマとともに余すことなく伝授する。また,安全な手術の施行・術後管理の徹底には不可欠な「チーム医療」も念頭に置き,術者や助手,麻酔科医,看護師の役割についても解説。手技全体の流れを押さえながらポイント・コツ・注意点が把握できるわかりやすい構成で,「低侵襲」にこだわりぬいた工夫や考え方が満載の1冊。

目次

Ⅰ 胸腔鏡・腹腔鏡手術の特徴と注意点

Ⅱ 術前管理(準備)

Ⅲ 手術・手技の実際
使用機器
手術室準備
周辺機器の準備
麻酔
器械出しの注意点
胸部操作
腹部手術
再建術

Ⅳ 術中・術後管理
術中管理
ICU 管理
HCU 管理
病棟における管理

Ⅴ 外来における管理

Ⅵ 教育体制

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る