脊椎手術と合併症
  • 有料閲覧
≪OS NEXUS 14≫

脊椎手術と合併症

回避の技とトラブルシューティング 筆頭著者 西良 浩一 (担当編集委員) メジカルビュー社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年5月28日 ページ数 178 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-7583-1393-3 印刷版発行年月 2018年4月

書籍・雑誌概要

OS NEXUS No.14では,脊椎手術で起こりうるさまざまな合併症に対する回避の技,ならびにトラブルに対する対処法を取り上げた。
I章「合併症回避の技」では,体位によって惹起される皮膚・視覚・神経障害を回避するための方法から始まり,スクリューの挿入やロッド設置時に陥りやすいトラブルや,レベル誤認,硬膜外静脈叢出血,硬膜・神経損傷,感染など,脊椎手術にまつわる各種合併症を回避するためのテクニックを解説。 br> II章「トラブルシューティング」では,再発ヘルニア,硬膜損傷,ロッド折損,術後感染など,起こってしまったトラブルに対するリカバリーのテクニックや対処法を各トラブルの項目ごとに分けて詳細に解説している。

目次

I 合併症回避の技
 腹臥位手術(体位)による合併症の回避  山屋誠司ほか
 後頭?頚椎固定術後に起こる呼吸・嚥下障害の回避  根尾昌志
 腰椎後方手術で起こる硬膜外静脈叢出血対策  長町顕弘
 X線透視下における高位別PPS挿入法と関連する合併症の回避  磯貝宜広ほか
 MIStにおける椎体間ケージ設置法(PLIF,TLIF,LLIF)と合併症の回避  鈴木喜貴
 TF-PELDのアプローチに起因する神経損傷の回避  手束文威
 MED & MELの合併症の回避  土屋邦喜
 Balloon kyphoplasty(BKP)における骨セメント漏洩の回避  戸川大輔
 透析脊椎症手術における合併症の回避  安藤智洋
 PJKとPJF(後弯矯正術)の回避  八木 満
 同部位椎間板再発ヘルニアの再手術  藤原 靖
 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における感染の回避  村上英樹

II トラブルシューティング
 髄液漏を防ぐための硬膜修復術  今釜史郎
 MED法による硬膜損傷パッチテクニック  柴山元英
 PJKとPJF(後弯矯正術)のリカバリー  福田健太郎
 ロッド折損時のリカバリー手術  大和 雄
 脊椎instrumentationの術後感染対策  船尾陽生ほか

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る