ここが知りたかった向精神薬の服薬指導
  • 有料閲覧

ここが知りたかった向精神薬の服薬指導

筆頭著者 竹内 尚子 (著) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-28494-8 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 238 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-524-26435-3 印刷版発行年月 2012年10月

書籍・雑誌概要

服薬指導に苦手意識を持ってしまいがちな向精神薬.エキスパート薬剤師は,処方せんから疾患や症状を推測し,その処方の背景,患者の様子,聞き取りなどから情報を絞り込んで,服薬指導に繋げている.本書では複数回来局も含めた具体的処方例を満載し,“プロ”の思考過程が体感できる.向精神薬の服薬指導の流れがわかり,自信を持てる待望の一冊.

目次

【内容目次】
I 向精神薬の服薬指導がわかる
 症例1-1 うつ病〜初来局〜
 症例1-2 うつ病〜来局2回目〜
 症例1-3 うつ病〜来局3回目以降〜
 (仮定1) 処方が増量された場合
 (仮定2) 副作用で薬剤変更の場合
 (仮定3) 効果不十分で薬剤追加の場合
 症例2 うつ病 再発〜副作用で困っている例〜
 症例3 うつ病〜難治例・多剤併用〜
 症例4 うつ病〜難治例・非定型抗精神病薬併用〜
 症例5 うつ病〜不眠の訴えが強い例〜
 症例6 双極性障害 繰状態
 症例7 双極性障害 うつ状態
 症例8-1 不眠症〜初来局〜
 症例8-2 不眠症〜来局2回目〜
 (仮定1) 処方が増量された場合
 (仮定2) 効果不十分で薬剤変更の場合
 症例8-3 不眠症〜3ヵ月後,症状改善により薬剤中止〜
 症例9 レストレスレッグス症候群
 症例10 統合失調症〜初発で,本人と家族に指導〜
 症例10-2 統合失調症〜来局2回目〜
 症例10-3 統合失調症〜3年後,コンプライアンス悪化により症状悪化傾向〜
 症例11 統合失調症〜薬剤切り替え中〜
 症例12 統合失調症〜難治例・多剤併用〜
 症例13 統合失調症〜気分安定薬併用〜
 症例14 パニック障害〜初来局〜
 症例15 社会不安障害〜初来局〜
 症例16 強迫神経症〜初来局〜
 症例17 せん妄〜非定型抗精神病薬による治療〜
 症例18-1 認知症〜初来局,中核症状に対する初期治療〜
 症例18-2 認知症〜1年後,中核症状に対する継続治療〜
 症例19 アルコ-ル依存症〜初来局〜
 症例20 適応障害〜初来局〜
II 向精神薬の薬理がわかる
 1 三環系抗うつ薬(TCA)
 2 四環系抗うつ薬
 3 選択的セロ卜二ン再取り込み阻害薬(SSRI)
 4 セロ卜二ン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
 5 その他の抗うつ薬(スルピリド,SARI,NaSSA)
 6 定型抗精神病薬
 7 セロ卜二ン・ドパミン遮断薬(SDA)
 8 多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)
 9 部分作動薬
 10 ベンゾジアゼピン系薬
 11 その他の睡眠薬(バルビツール酸系,ラメルテオン)
 12 気分安定薬
 13 認知症治療薬
 付録 薬剤一覧
 参考支献・資料
 索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る