足のクリニックⅡ
  • 有料閲覧

足のクリニックⅡ

手術書に書けなかったこと 筆頭著者 井口 傑 (著) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-22829-4 電子版発売日 2019年11月25日 ページ数 194 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-524-25307-4 印刷版発行年月 2008年7月

書籍・雑誌概要

ベテラン専門医によるやさしい解説が好評の「足のクリニック」姉妹編・手術版.本書では,足の手術の基本からコツまで,「なぜそうなったのか」から説きおこし,手術の裏に隠れているノウハウと薀蓄をわかりやすく解説する.「足のクリニック」同様,親しみやすくかつ要点を強調したシェーマを効果的に配置.足の専門医だけでなく,整形外科医全般に役立つ骨,手術に対する記述満載の実際書.

目次

【内容目次】
序章
 足は一番,遠くにある
 足は一番,下にある
 足は一番,外界と接している
 足は昔の倍の働きをしている
 足はシンプル
 足の裏は返せない
第I章 こう書いてみたかった外反母趾手術
 1 .Mann 変法(POMO 法:proximal oblique metatarsal osteotomy)
   a .術前のチェック:拘縮のみかた
   b .手術操作
  b-1.末梢外側解離
  b-2.母趾 MTP 関節内側解離
  b-3.中足骨基部の骨切り
 2 .DLMO 法
   a .外来手術としての DLMO 法
   b .著者の局所麻酔法
   c .目をつぶってでもできる DLMO 法
  d .手術のアウトライン
  e .術式
   f .なぜ,このような固定で,ずれずに骨癒合が得られるか
第II章 なぜ,手術は失敗するのか?
 1 .アッペ
 アッペ(虫垂突起炎)は鮒釣り
 アッペがアッペでないと
 正常性虫垂炎
 2 .下腿切断と胃切除
 3 .どちらにしても全力で
 4 .絶対にない絶対
 5 .名医,手遅れ医者
 6 .すべてはバランス(天秤)
 7 .危険の感じ方
 8 .麻酔の危険を説明するのに
  状態で変わる麻酔の危険性
  あちらを立てれば,こちらが立たず
 9 .Not the best, but the better
 10.利益と危険のトレード
 11.手術は一人ではやらない
 12.手を替える
 13.医者を呼べ
 14.医者を替える
 15.手術をしたら医者は加害者
 16.医者は君子豹変せよ
 17.助手は心の支え
 18.三例目は教えろ
 19.なぜ,内視鏡が
 20.手術をやりたがる?
 21.術者と助手
 22.一つ道を究めれば
 23.外傷より始めよ
 24.外反母趾の手術は片方ずつ?
 25.手術は軽症ほど難しい
 26.なぜ手術を受けたいのか? なぜ手術をするのか?
 27.痛みとの戦い
  傷はなぜ痛む
  痛まないためには
  100 万ドルの神経
  神経 / 離は神経損傷
  手で治せなければ,口で
 28.冷やっとするとき
  血が戻らない
  神経を切った
  「痺れ」と「痺れる」
  あるべき物がないと
 29.手術の極意
  患者を選ぶ
  半分しかよくならない?
  やってはいけない手術
  迷うのが手術のコツ
  手術は患者のためならず
第III章 外反母趾のなぜ:病因から手術まで
  外反母趾の種類
  外反母趾の症状
  外反母趾症候群?
  どうして外反母趾は起こるのか
  母趾外反は何を起こすのか
  外反母趾が外反母趾を
  さらに第 1 中足骨を内反
  では,母趾外反の原因は:ハイヒールは滑り台
  片側性外反母趾
第IV章人間とは直立二足歩行する動物
 1 .重力:足が逃れ得ぬ足枷
  直立二足歩行への道
  直立二足歩行で得たもの
 2 本足で立つための代償
 2 本足で歩くためには
  意外と効率のよい二足歩行
  位置と速度のエネルギーの保存
 2 .重力との戦い
  どちらが優秀
  少ない趾節
  進化か退化か
  優れものの足
  猿との違い
 3 .足の裏の脂肪
  踵のクッション,脂肪体
  底着き
  中足骨骨頭部の脂肪
 4 .足のアーチ
  アーチの役割
  足のアーチの構造
  アーチを弓と弦にたとえると
  アーチが踏み返しに果たす役割
  よく似た踵骨と膝蓋骨の役割
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る