自治医大発ポケット法の極意[Web動画付]─誰でもできるハイクオリティESD
  • 有料閲覧

自治医大発ポケット法の極意[Web動画付]─誰でもできるハイクオリティESD

筆頭著者 山本 博徳 (監) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-22868-3 電子版発売日 2020年5月18日 ページ数 148 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-24197-2 印刷版発行年月 2020年4月

書籍・雑誌概要

自治医科大学消化器内科の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の一手技であるポケット法(pocket-creation method:PCM)は、従来法に比べて、より安全で確実な病変の剥離を可能とする画期的な手技である。本書では、ポケット法の基本的手技をレクチャーし、部位別のコツを解説。さらに同科発である教育法や他の手技にも触れ、「安全」「確実」「簡単」の3要素が揃ったESDの極意を伝える。

目次

【内容目次】
1 ポケット法ってなんだろう?~従来法のESDとの違い~
2 いざ,ポケット法!……と,その前に
特講1 日本におけるESDの歴史
3 ポケット法を始めよう!
 1)術前検査:上部消化管
 2)術前検査:下部消化管
4 ポケット法の基本をマスターしよう!
特講2 自治医大におけるESDの歴史とPCMの真の目的
5 ここまでできる!動画で学ぶポケット法
 1)上部消化管ESDでのコツ
  a 胃でもPCMを行おう!
  b 術中出血のコントロールが胃ESDでは重要~胃は他の消化管に比較して血管が多いのか?~
  c 胃ESDは肛門側,口側,どっちから攻める?~反転操作or順行操作?~
  d 胃体部大彎はPCMの真骨頂
  e 幽門輪の処理に十二指腸球部反転は必要?
  f どこまでいける穹窿部~マイナス壁への挑戦~
  g PCMは十二指腸ESDを実現可能とする
  h 出血の対処法~ポケット内の出血は意外に対処しやすい~
 2)下部消化管ESDでのコツ
  a 筋層を目視しよう
  b ほとんどは順行操作で
  c 血管に注意して血腫を防ごう
  d 下部直腸後壁でも脱気で直線化が可能
  e 襞越えや襞裏病変は遠くから粘膜切開しよう
  f 線維化病変でも遠くに粘膜切開すれば大丈夫
  g 粘膜下層は厚いが太い血管が多い上行結腸
  h 横行結腸左側・S状結腸は粘膜下層が薄く,粗である
  i Is病変はPCMがベスト
  j 太い血管のあるIspは目視下に血管処理
  k 盲腸病変では脱気,時にうつぶせが有用
  l 虫垂口内へ広がる病変の術前精査
  m 右側大腸の操作性不良病変の場合はBAESD
おわりに~ポケット法の真の目的とは~
索引

動画目次
1 ポケット法ってなんだろう?~従来法のESDとの違い~
 01.Bird viewで見てみよう! 大きな粘膜切開は内視鏡を不安定に導く!
 02.Bird viewで見てみよう! PCMでは内視鏡先端が安定化する
 03.Bird viewで見てみよう! 筋層に対峙するときの恐怖の内視鏡操作
 04.Bird viewで見てみよう! PCMの真骨頂.摩訶不思議!垂直方向から水平方向へ
 05.Bird viewで見てみよう! ポケット入口の粘膜に注目,内視鏡を押さえている!
2 いざ,ポケット法……と,その前に
 06.当科で行われているESD 二人法-初学者と達人のコラボレーション
4 ポケット法の基本をマスターしよう!
 07.PCMで行う上行結腸ESD
 08.大きな血管処理はまず両側の剥離から
 09.瘢痕病変ほど,病変遠くから粘膜下層に入ろう
5 ここまでできる! 動画で学ぶポケット法
1)上部消化管ESDでのコツ
 10.典型的なPCMを胃の症例で見てみよう
 11.体部大彎はPCMの真骨頂,垂直方向から水平方向へ調整するマル秘テクニック
 12.十二指腸球部は反転すべからず
 13.究極のダウンヒルに挑む!
 14.遅発穿孔ゼロを目指して! 十二指腸ESDは剥離深度の選択が生命線
 15.十二指腸ESDはPCMに加えて,牽引デバイス,ハサミ型処置具,総合力で勝負!
 16.出血のコントロールのレパートリーを増やしておこう
2)下部消化管ESDでのコツ
 17.血管に注意して血腫を防ごう
 18.できた血腫は両側からの追加局注で圧縮しよう
 19.上行結腸ESDでは太い血管に要注意
 20.最悪の場面! Muscle retracting signをクリアしよう
 21.太い血管のあるIspは目視下に血管処理
 22.すさまじい術中出血はジェルでスローモーションに!?

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る