看護倫理 改訂第3版
  • 有料閲覧
看護学テキストNiCE

看護倫理 改訂第3版

よい看護・よい看護師への道しるべ 筆頭著者 小西 恵美子 (編) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-23064-8 電子版発売日 2021年3月15日 ページ数 292 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-22508-8 印刷版発行年月 2020年1月

書籍・雑誌概要

ナースに必要な倫理的素養を育む大好評テキストの改訂版。学生にとって一見難解な倫理問題を学習しやすいよう、身近な事例を多用し、倫理の学びを進められる構成となっている。日本の伝統的価値観「和」「礼」「徳」の顕在化が本書の大きな特徴。今改訂では「ケアの倫理」「共感」など、近年注目が高まっている概念についての項目を新設したほか、好評の「4ステップ事例検討シート」にもケアの倫理の視点を取り入れリニューアルした。

目次

【内容目次】
第I章 看護倫理についての基礎知識
 1 倫理の基礎
  A.倫理とは
  B.価値
  C.価値観の形成に影響するもの
  D.倫理と道徳
  E.倫理と法
  F.倫理理論
 2 看護倫理の基礎
  A.看護倫理とは
  B.看護倫理のアイデンティティ
  C.倫理綱領code of ethics
  D.看護倫理の必要性
  E.看護倫理を学ぶ意義
 3 看護倫理の歴史的推移
  A.徳の倫理オンリーの時代(1970年ごろまで)
  B.徳の倫理から原則の倫理へ(1970年代~2000年ごろまで)
  C.21世紀の現在
  D.倫理綱領の変遷
第II章 看護倫理のアプローチ
はじめに
 1 徳の倫理
  A.徳の倫理とは
  B.徳の倫理の歴史
  C.看護にとっての徳の倫理の意味
  E.徳の倫理の問題点と今後の課題
 2 原則の倫理
  A.原則の倫理とは
  B.倫理原則
  C.倫理原則の意義,および問題点と注意
 3 ケアの倫理
  A.ケアの倫理とは
  B.ケア,ケアリングとは何か
  C.看護実践におけるケアの倫理の特徴と限界
第III章 看護倫理に関係する重要な言葉
はじめに
 1 和
  A.「和」の意味
  B.職場の「和」
  C.医師たちと話し合う看護師の「和」
  D.看護師が自分を大切にするということ
  E.国際看護師協会のスローガンとしての「和」
 2 共同体,家,親孝行,礼,面子,和-東アジアの文化と倫理
  A.比較文化論からみた東アジア文化圏
  B.東アジア文化圏の共存共同体
  C.家族の中の「役割」と個人の人格形成
  D.国際看護の基本は自文化を知ること
 3 コンパッション-思いやりの心
  A.患者からみた看護師の心
  B.コンパッション
  C.コンパッションの2つの側面
  D.思いやりの心をもち続ける
 4 共感
  A.看護師がもつ共感
  B.看護師の共感についての誤解
  C.共感的関係性の要素
 5 道徳的感受性と道徳的レジリエンス
  A.道徳的感受性
  B.道徳的レジリエンス
 6 専門職
  A.専門職とは
  B.看護は専門職か?
  C.看護師の職業意識と倫理
  D.看護師個人の信条と専門職としての義務
  E.専門職の義務とケアに伴うリスク
 7 対象者を中心とした看護
  A.対象者を中心とした看護と生活モデル
  B.対象者を中心とした看護の働き
  C.看護教育
  D.日常の実践での対象者中心の看護の点検
 8 患者の尊厳
  A.看護・ケアにおける尊厳
  B.患者の尊厳を構成する要素
  C.尊厳の評価尺度
 9 看護アドボカシー
  A.アドボカシーとは
  B.看護アドボカシーの必要性
  C.看護アドボカシーを理解するモデル
  D.看護アドボカシーの実践に向け
 10 協力と協働
  A.協力と協働の意味
  B.医療現場における協働
  C.地域における協働
 11 パターナリズム
  A.パターナリズムとは
  B.医療におけるパターナリズム
  C.弱いパターナリズムと看護
  D.医療状況の変化におけるパターナリズムの新たな課題と医療者の役割
 12 個人の権利
  A.権利の意味と意義
  B.権利と義務の関係
  C.権利の性格
  D.医療・看護における権利の意義
 13 看護職の責任-倫理的責任と法的責任
  A.責任とは
  B.レスポンシビリティとアカウンタビリティ
  C.倫理的責任と法的責任
  D.看護教育の高度化と倫理的な責任
  E.医療事故と法的責任
 14 インフォームド・コンセント
  A.インフォームド・コンセントの生まれた背景
  B.インフォームド・コンセントの構成要件
  C.日本におけるインフォームド・コンセント
  D.インフォームド・コンセントにおける看護師の役割
 15 情報プライバシーと守秘義務
  A.守秘義務
  B.プライバシー
  C.個人情報保護法
 16 災害におけるトリアージ
  A.災害
  B.トリアージの倫理
  C.対象者を「ふるい分ける」という難しい課題
  D.COVID-19の世界的流行
第IV章 倫理的意思決定のステップと事例検討
  A.看護師の立場と倫理的な気がかり
  B.看護師のつらい体験や問題状況を表す言葉
  C.意思決定のための4ステップモデル
  D.演習
  E.事例検討の意義と注意
第V章 さまざまな看護活動と倫理
 1 人生の最後を生きる人々への看護と倫理
  A.ケア提供の場
  B.死にゆく患者に対する「治療」とは
  C.「苦痛を和らげよ」と「死を早めるな」-医療者の2つの使命と倫理
  D.安楽死,事前指示,アドバンス・ケア・プランニング,DNR
  E.終末期医療にかかわる法令,指針
  F.事例検討
 2 地域看護と倫理
  A.地域看護の特徴
  B.地域看護の倫理的問題
  C.地域の看護職自身の倫理的問題
  D.倫理的問題に対応するために-4ステップモデルやナラティヴ・アプローチの活用
 3 小児看護と倫理
  A.子どもの権利と親の養育責任
  B.小児看護の倫理に関する条約・勧告等
  C.臓器移植を必要とする子どもの生きる権利
  D.医療的ケアを必要とする子どもの教育を受ける権利
  E.日常のケア場面で生じる倫理的問題
 4 精神科看護と倫理
  A.基本的人権と尊厳
  B.地域で暮らす権利
  C.自己決定を支援される権利
 5 性と生殖をめぐる看護と倫理
  A.性に関する言葉
  B.性と生殖をめぐる健康問題の特徴
  C.性と生殖をめぐる健康問題を抱えた人のために
 6 遺伝看護と倫理
  A.遺伝看護とは
  B.遺伝看護を必要としている人々と出会う場は?
  C.遺伝看護を必要としている人々の状況とは
  D.遺伝にかかわる問題に対する看護師の倫理的葛藤とは
  E.ケアのプロとして
 7 異文化間の看護と倫理
  A.文化と倫理
  B.在日外国人の看護と倫理
  C.途上国における看護支援と倫理
  D.文化背景の異なる看護師との協働
第VI章 社会的要配慮者の看護と倫理
はじめに
 1 認知症
  A.意思決定への支援
  B.認知症高齢者の行動抑制に関する問題
  C.家族介護者をめぐる課題と支援
 2 難病-筋萎縮性側索硬化症(ALS)を中心に
  A.筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは
  B.倫理的意思決定を行う支援に向けて
 3 貧困
  A.貧困とは
  B.貧困状態にある対象の看護
 4 家庭内で起こる虐待
  A.虐待とはどういうことか
  B.虐待問題と看護
 5 受刑者
  A.受刑者を知るために
  B.受刑者に対する医療と看護
  C.受刑者の看護と倫理
 6 障害者
  A.障害者とは
  B.障害者への配慮
第VII章 その他の看護活動と倫理
 1 看護管理者の役割と倫理
  A.看護管理者の役割
  B.看護管理者が経験する倫理的課題
  C.管理者の倫理的意思決定
 2 看護部倫理委員会
  A.倫理の制度化と看護部倫理委員会
  B.看護部倫理委員会の実践-水戸赤十字病院の試み
第VIII章 看護研究における倫理
  A.看護と研究
  B.看護研究にかかわる主な指針等
  C.看護研究における倫理的配慮
付録
 付録1 ICN看護師の倫理綱領(2012年版)
 付録2 看護者の倫理綱領(2003年)
 付録3 障害者の権利に関する条約(抜粋)
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る