整形外科痛みへのアプローチ4 股関節の痛み
  • 有料閲覧

整形外科痛みへのアプローチ4 股関節の痛み

筆頭著者 岩崎 勝郎 (編) 前長崎大学教授 その他の著者 寺山和雄/片岡治 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-25458-3 電子版発売日 2016年7月11日 ページ数 248 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-20259-1 印刷版発行年月 1998年4月

書籍・雑誌概要

股関節疾患は,(1)小児と成人では診断や治療のポイントが異なる.(2)股関節異常があっても,必ずしも股部痛を訴えるとは限らない.(3)診断や治療の遅れは,患者に重大な障害を残すなど,患者と医師の双方を苦慮させるものである.本書では,的確な診断・治療をめざし,股関節の疼痛に関与する因子を明らかにするために,まず機能解剖とバイオメカニクスを示し,また,股関節障害と歩行の関係について解説.診断に関しては乳児期,小児期,青・壮年期,老年期に分けた.またそれぞれの鑑別診断について述べ,さらに画像診断による特徴を示した.

目次

【主要目次】1.概 説1.痛みの分類2.股関節疾患の分類と痛みのメカニズム2.機能解剖A.表面解剖B.筋1.股関節の筋2.大腿の筋C.神 経1.知 覚2.運 動D.血 管1.大腿骨頭の血管分布E.関 節1.関節包,靭帯2.寛骨臼3.大腿骨3.バイオメカニクスA.可動性と動作筋1.可動域と制動2.動作筋B.股関節の荷重1.股関節にかかる合力の大きさと方向2.股関節疾患へのバイオメカニクスの応用3.関節面の潤滑C.骨の形状と骨梁構造4.歩行分析A.正常歩行の股関節・骨盤帯の動きと機能B.股関節障害患者の歩行分析1.股関節固定患者の歩行2.股関節痛を有する疾患の歩行C.歩行分析における股関節痛の評価項目5.診 断A.股関節痛に対する診断のすすめ方1.乳児期2.小児期3.青・壮年期4.老年期5.小児,成人の診察方法6.股関節X線像の読み方B.小児期の股関節痛の鑑別診断1.外傷歴のある場合2.外傷歴のない場合C.成人の股関節痛の鑑別診断1.外傷歴のある場合2.外傷歴のない場合D.股関節痛の画像診断1.各画像診断の特徴とその適応2.代表的股関節疾患の画像所見6.小児の股関節疾患1.乳児化膿性股関節炎2.単純性股関節炎3.Perthes病4.先天性股関節脱臼・遺残亜脱臼5.大腿骨頭すべり症6.麻痺性脱臼,亜脱臼7.発育期に股関節痛を訴えるスポーツ損傷7.成人の股関節疾患1.変形性股関節症2.急速破壊型股関節症3.特発性大腿骨頭壊死4.特発性一過性大腿骨頭萎縮症5.慢性関節リウマチによる股関節障害6.骨粗鬆症による骨盤・大腿骨頸部insufficiency fracture8.股関節痛を起こす腫瘍1.概 説2.原発性腫瘍3.転移性骨腫瘍9.骨系統疾患による股関節障害1.概 説2.先天性脊椎・骨端異形成症3.遅発性脊椎・骨端異形成症4.脊椎・骨端異形成症のその他の型5.進行性偽性リウマチ様軟骨異形成症6.多発性骨端異形成症7.偽性軟骨無形成症8.骨幹端軟骨異形成症9.ムコ多糖症IV型10.人工股関節置換術後の痛み1.概 説2.人工股関節置換術後のプロステーシスに原因する疼痛3.プロステーシスとは直接関連性のない股関節周囲の疼痛4.人工股関節置換術以外の原因による疼痛

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る