がん・放射線療法2017 改訂第7版
  • 有料閲覧

がん・放射線療法2017 改訂第7版

筆頭著者 大西 洋 (編著) 山梨大学大学院医学工学総合研究部放射線医学講座 その他の著者 唐澤久美子・唐澤克之 学研メディカル秀潤社 電子版ISBN 978-4-05-916487-6 電子版発売日 2017年9月18日 ページ数 1336 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-7809-0943-2 印刷版発行年月

書籍・雑誌概要

『がん・放射線療法』の改訂第7版。IMRTやIGRT、粒子線治療の進歩、定位照射の発展などから、制度・法律的な内容まで、近年の放射線治療事情に即した内容にアップデート。
治療計画の図表も追加し、より網羅的で実践的な“教科書”に仕上がった。

目次

第1章 序章
 1-1はじめに
 1-2放射線療法の歴史
 1-3腫瘍学とは
第2章 放射線腫瘍学総論
 2-1放射線療法の意義・特徴・構造・将来
 2-2放射線療法の世界的状況と国際協力
 2-3放射線療法の経済分析・病院経営への寄与
 2-4放射線治療品質管理のあり方
  2-C1放射線療法における放射線防護
  2-C2放射線療法における放射線防護:放射線治療患者に対する事故被ばく予防のためのチェックリスト
 2-5放射線療法に関する国の施策
 2-6がんの医療経済/医療保険制度
 2-7放射線治療施設の基準構造と関連法
 2-8放射線治療関連認定制度
 2-9医学物理士認定制度
 2-10放射線療法の看護
 2-11放射線療法に関連する不安・抑うつの評価と対応
 2-12高齢者の放射線療法
 2-13放射線療法の有害事象
 2-14放射線療法有害事象の化学療法による修飾
 有害事象の治療法
 2-15皮膚炎・脱毛
 2-16咽頭・口腔粘膜炎
 2-17唾液分泌障害
 2-18食道炎・胃炎
 2-19放射線性肺障害
 2-20放射線性肝障害
 2-21骨盤照射後の直腸炎・膀胱炎
 2-22晩期有害事象に対する高気圧酸素治療
 2-23有害事象に対する漢方治療
第3章 放射線生物学
 3-1放射線腫瘍生物学の基礎
 3-2細胞レベルの生物学
 3-3修飾因子
 3-4化学放射線療法の基礎
 3-5分子標的薬併用放射線療法
 3-6免疫放射線療法
 3-7放射線の相互作用
  3-C1KORTUC
 3-8分割照射の基礎
 3-9線量分割法
 3-10分子生物学的アプローチ
第4章 医学物理学
 4-1医学物理学の基礎
 4-2医療用放射線発生装置と関連機器
 4-3光子線の線量測定と治療計画(心ペースメーカーやプロテーゼなどへの対処も含む)
 4-4電子線の線量測定と治療計画
 4-5定位放射線治療の医学物理
 4-6強度変調放射線治療の医学物理
 4-7小線源治療の医学物理
 4-8陽子線の線量測定と治療計画
 4-9炭素イオン線の線量測定と治療計画
 4-10放射線療法のQAプログラム
 4-11画像誘導放射線治療
 4-12呼吸性移動対策
 4-13動体追尾照射
第5章 がんにかかわる知識
 5-1がんの統計
 5-2がんステージング
 5-3がんの画像診断
 5-4がんの核医学診断
 5-5がんの病理
 5-6臨床試験
 5-7外科腫瘍学
 がん薬物療法
 5-8化学療法
 5-9内分泌療法(乳癌,前立腺癌)
 5-10分子標的薬
 5-11がんのIVR
 5-12免疫療法
 5-13温熱療法(ハイパーサーミア)
 5-14緩和医療・緩和ケア
第6章 放射線治療技術と方法
 6-1治療計画総論
 小線源治療
 6-2低・中線量率小線源治療
 6-3高線量率小線源治療
 6-4強度変調放射線治療
 6-5術中照射
 6-6定位手術的照射
 6-7体幹部定位放射線治療(肺)
 6-8体幹部定位放射線治療(肝臓)
 6-9体幹部定位放射線治療(脊椎,前立腺その他)
 6-10全脳全脊髄照射
 6-11全身照射
 6-12全皮膚照射,全リンパ節照射
 6-13陽子線治療
 6-14重粒子線治療
 6-15ホウ素中性子捕捉療法
 6-16内用療法(内照射療法)
 6-17放射線治療技術の工夫
 6-18再照射
第7章 各領域の治療
 中枢神経系腫瘍
 7-1総論
 7-2低悪性度神経膠腫
 7-3高悪性度神経膠腫
 7-4頭蓋内胚細胞腫瘍
 7-5髄膜腫
 7-6脳室上衣腫
 7-7髄芽腫
 7-8下垂体腫瘍
 7-9聴神経鞘腫
 7-10脊髄腫瘍
 7-11比較的稀な中枢神経系腫瘍
 頭頸部腫瘍
 7-12総論
 7-13口腔(舌以外)
 7-14舌癌
 7-15上咽頭癌
 7-16中咽頭癌
 7-17下咽頭癌
 7-18喉頭
 7-19鼻副鼻腔
  7-C1鼻副鼻腔腫瘍の粒子線治療
 7-20眼球・眼窩腫瘍
  7-C2眼腫瘍の粒子線治療
 7-21聴器
 7-22唾液腺腫瘍
 7-23甲状腺
 7-24比較的稀な頭頸部腫瘍
 7-25頭頸部癌の定位放射線治療
 胸部腫瘍
 7-26肺・胸膜・縦隔腫瘍総論
 7-27非小細胞肺癌
 7-28I期肺癌に対する体幹部定位放射線照射
 7-29肺腫瘍に対する粒子線治療
 7-30小細胞肺癌
 7-31胸膜中皮腫
 7-32縦隔腫瘍
 乳癌
 7-33総論
 7-34非浸潤癌
 7-35早期浸潤乳癌(乳房温存療法)
 7-36進行乳癌(乳房切除)
  7-C3乳癌原発巣への照射
 7-37再発乳癌
 消化器腫瘍
 7-38総論
 7-39食道癌の疫学と分類
 7-40食道癌 頸部
 7-41食道癌 胸腹部
 7-42胃癌
 7-43肝腫瘍
 7-44肝細胞癌に対する定位放射線治療
 7-45肝腫瘍に対する粒子線治療
 7-46胆道系腫瘍
 7-47膵癌
  7-C4膵癌に対する粒子線治療
 7-48結腸癌
 7-49直腸癌
  7-C5再発直腸癌に対する重粒子線治療
 7-50肛門癌
 7-51比較的稀な消化器腫瘍
 泌尿器腫瘍
 7-52総論
 7-53腎腫瘍,腎盂・尿管腫瘍
  7-C6腎癌の定位放射線治療
 7-54膀胱癌
 7-55前立腺癌 低線量率(LDR)および高線量率(HDR)前立腺小線源治療
 7-56前立腺癌 根治照射(外部照射)
 7-57前立腺癌 術後照射・再発前立腺癌
 7-58前立腺癌 粒子線治療
 7-59精巣腫瘍
 7-60陰茎癌
 婦人科腫瘍
 7-61総論
 7-62子宮頸癌
 7-63子宮頸癌術後照射
  7-C7子宮頸癌に対するハイブリッド小線源治療
  7-C8子宮頸癌に対する炭素イオン線治療
 7-64子宮体癌
 7-65腟・外陰癌
 7-66卵巣・卵管癌
 皮膚・骨軟部腫瘍
 7-67総論
 7-68皮膚癌
 7-69悪性黒色腫
 7-70軟部組織腫瘍(光子線)
 7-71原発性骨腫瘍
 7-72骨軟部腫瘍に対する粒子線治療
 造血器腫瘍
 7-73総論
 7-74悪性リンパ腫総論
 7-75ホジキンリンパ腫
 7-76節性・非ホジキンリンパ腫
 7-77中枢神経系,睾丸,乳房,鼻腔,消化管などの節外リンパ腫
 7-78皮膚悪性リンパ腫・菌状息肉症
 7-79骨髄腫,形質細胞腫
 7-80白血病
 小児腫瘍
 7-81総論
 7-82小児がんの陽子線治療
 7-83小児脳神経腫瘍
 7-84小児軟部組織腫瘍(横紋筋肉腫を中心に)
 7-85小児骨腫瘍
 7-86小児腎腫瘍
 7-87神経芽腫
 7-88小児白血病・悪性リンパ腫
 7-89比較的稀な小児腫瘍
 良性疾患
 7-90総論
 7-91ケロイド・翼状片
 7-92血管腫・動静脈奇形
 7-93バセドウ病,甲状腺眼症
 転移性腫瘍における放射線療法
 7-94脳腫瘍
 7-95骨転移
 7-96脊椎転移定位照射
 7-97肺転移
 7-98原発不明がん
 緊急照射
 7-99脊椎・脊髄転移
 7-100気道狭窄
 7-101上大静脈症候群
第8章 終章
 8-1わが国の放射線療法の現況と展望

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る