画像と病理の対比から学ぶ膵癌診療アトラス
  • 有料閲覧

画像と病理の対比から学ぶ膵癌診療アトラス

筆頭著者 太田 哲生 (監修) その他の著者 松井修 ・北川裕久・蒲田敏文・大坪公士郎・金沢大学膵癌カンファレンスチーム 学研メディカル秀潤社 電子版ISBN 978-4-05-914742-8 電子版発売日 2016年6月20日 ページ数 184 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7809-0861-9 印刷版発行年月 2012年10月

書籍・雑誌概要

各科を越えた「金沢大学膵癌カンファレンスチーム」が検討を積み重ねてきた多数の膵癌症例から選りすぐった貴重な28症例を掲載.
CT画像と同じスライス面で作成された大型病理切片との対比で,難しい膵癌の進展状況がよくわかります.世界に類をみない1冊.

目次

1章 切除標本の扱い方
2章 膵癌におけるダイナミックCT撮影方法と進展度診断
3章 膵頭部癌を理解するために必要な基本的組織構造
4章 膵癌診断における超音波内視鏡(endoscopic ultrasonography:EUS)の役割
5章 膵癌の発生部位による臨床的・画像的特徴
6章 膵癌28症例─画像と病理の対比─
7章 画像診断を活用した膵頭部癌に対する術式立案

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る