臨床アロマセラピー
  • 有料閲覧

臨床アロマセラピー

実践例から学ぶプロの技 筆頭著者 今西 二郎 (著) 明治国際医療大学附属統合医療センター長・教授 その他の著者 相原由花 著
岸田聡子 著
南山堂 電子版ISBN 978-4-525-98315-4 電子版発売日 2019年11月18日 ページ数 169 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-525-50081-8 印刷版発行年月 2019年3月

書籍・雑誌概要

多病が多くを占める臨床現場で自信を持ってアロマセラピーを実践するためには,豊富な知識と経験から得られた多角的な視点が必要である.そこで本書は,具体例を挙げながら,アロマセラピーの最新エビデンスを含めた基礎知識から,患者対応の際に悩むであろうポイントやピットフォール,さらにはエキスパートの思考プロセスまでを解説する.

目次

第1章 おさえておきたいアロマセラピーの“知識”と“ノウハウ”
1 アロマセラピーとは
2 エッセンシャルオイルとキャリアオイル
3 アロマセラピーの方法

第2章 実践例で学ぶプロの“ワザ”と“考え方”
Case1 むくみのないきれいな足になって,スカートを履きたい
Case2 毎月つらくなる……
Case3 臭いが気になって眠れない!
Case4 赤ちゃんが欲しい
Case5 足の痛みを気にせず,もっと踊りたい
Case6 肩こりがひどくて
Case7 がんばり過ぎかしら?
Case8 出産が不安で……
Case9 介護が大変
Case10 子育てに疲れた
Case11 運転のし過ぎで体がつらい.車に乗りたくない!
Case12 もうだめだ,リハビリやって何になるんだ
Case13 寝たきりにさせたくない
Case14 心じゃない!私はからだが痛いのよ
Case15 いやだ!と言えなくて食べられなくなった
Case16 免疫下がっても絶対に入院したくない
Case17 がんになっても家族を守りたい
Case18 子宮を失くしたら私でなくなってしまう
Case19 足がだるい,もう足を取ってくれ!
Case20 悲しみを隠して明るくふるまう妻
Case21 最愛の母を失った娘の悲しみ
Case22 忘れっぽくても怒りっぽくても大人の女性
Case23 自閉症児と心の距離が近づいた

Mini Lecture
セラピストのセルフケア
看護とアロマセラピー

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る