アートセラピーBasic
  • 有料閲覧
精神科作業療法・デイケアで使いたい12のメソッド

アートセラピーBasic

筆頭著者 溝上 義則 (著) 芸術療法士・医学博士 新興医学出版社 電子版ISBN 電子版発売日 2019年11月4日 ページ数 112 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-88002-788-3 印刷版発行年月 2019年10月

書籍・雑誌概要

誰でもかんたんに始められる!
精神科作業療法を中心とした絵画療法について、塗り絵、切り絵、折り染めなど12の技法をカラーで丁寧に解説しています。
言葉に出せない思いを引き出す実践法で、特別支援教育に携わる先生や、美術教師、保育士・幼稚園教諭の方々にも役に立つ一冊。

目次

目 次

第1章 絵画療法の理論と症例
1 絵画療法の歴史
2 絵画療法とは
3 個人絵画療法と集団絵画療法
 1.個人絵画療法
 2.集団絵画療法
4 絵画療法と言語
 1.絵画自体のもつ言語性
 2.絵画療法における言語性
5 絵画療法の各技法
6 絵画療法の効果
 1.量的検討
 2.質的検討
7 絵画療法における注意点
 1.実施上の注意点
 2.解釈上の注意点
 3.副作用
 4.禁忌
 5.サイン
 6.絵画療法の終結
8 疾患による描画特徴
 1.うつ病
 2.双極性障害
 3.統合失調症
 4.発達障害
9 絵画療法としての絵画鑑賞
 1.美術館における絵画鑑賞と鑑賞教育
 2.学校教育課程における鑑賞教育 
 3.精神医療における絵画鑑賞
 4.精神医療における絵画鑑賞の注意点

第2章 絵画と脳
1 神経審美学
2 審美判断と脳部位
3 絵画鑑賞に特異的な神経基盤
4 気質と絵画鑑賞に特異的な神経基盤との関連
5 脳でみる絵画療法の効果

第3章 美術用語と画材
1 美術用語の基礎知識
 1.色の三要素
 2.暖色・寒色・中性色
 3.補色
 4.類似色
 5.三原色
 6.混色
 7.遠近法
 8.立体感
 9.輪郭線
 10.グラデーション
2 画材の基礎知識
 1.画用紙
 2.ケント紙
 3.キャンバス
 4.水彩絵具
 5.アクリル絵具
 6.筆
 7.パレット
 8.鉛筆
 9.色鉛筆
 10.筆ペン
 11.マスキングテープ
 12.のり
3 お勧め画材
 1.紙
 2.筆ペン
 3.アルコールマーカー
 4.水性ペン
 5.水彩絵具
 6.筆
 7.描画材料
 8.のり
 9.染料
 10.和紙

第4章 実際の方法Ⅰ ―導入のための技法―
1 模様のフロッタージュ
2 葉っぱのフロッタージュ
3 再生コラージュ
4 折り染め(染めの工程)
5 折り染め(加工の工程)
6 落ち葉の塗り絵
7 ステンシル
8 切り紙
9 曼荼羅アート

第5章 実際の方法Ⅱ ―本格的な技法―
1 静物画(デッサン)
2 版画(一版多色版画)
3 名画の模写

第6章 実際の方法Ⅲ ―絵画鑑賞の技法(特別編)―
1 対話による絵画鑑賞
 コラム1 絵画療法に情熱を注いだ画家エイドリアン・ヒル
 コラム2 アール・ブリュットの作家アドルフ・ヴェルフリ
 コラム3 アール・ブリュットとアウトサイダー・アート
 コラム4 式場隆三郎と山下清
 コラム5 首藤定の美術品蒐集

Q絵画療法と芸術療法は同じ意味でしょうか?
Q絵画療法の誘いに乗らないときはどうしたらよいでしょうか?
Q色鉛筆や絵具は何色を揃えたらよいでしょうか?
Q作品の見本は示したほうがよいでしょうか?
Q絵画療法と美術教育の違いは何ですか?
Q絵画療法で絵は教えてはいけないのでしょうか?
Q作品はどのように扱ったらよいでしょうか?
Q絵は何歳から鑑賞できますか? 障害があっても鑑賞できますか?

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る