クリニカルパス実践テキスト 第2版
  • 有料閲覧
現場で使える

クリニカルパス実践テキスト 第2版

筆頭著者 日本クリニカルパス学会 学術・出版委員会 (監修) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-64641-3 電子版発売日 2021年7月12日 ページ数 180 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-04641-1 印刷版発行年月 2021年7月

書籍・雑誌概要

学会のオフィシャルテキスト第2版。進化し続けるパスの最新情報を収載。

まさに“現場で活かす”パス実践のノウハウを詳細かつわかりやすく解説。クリニカルパス学会主催の過去の教育セミナーから好評だったテーマを中心に、多くの地域・医療機関で明日から即検討できる手法をまとめた。また、パスの教育や組織作り、電子パスや連携パスの最新の活用法、そして今後期待される新たなパスの領域も盛り込んだ。現場での秘策や情報は「匠のコツ」「トピックス」として開示。パスに関わる多くの医療者必読書。

目次

第1章 クリニカルパス導入の意義と本質
 1 クリニカルパスの定義と用語
   A クリニカルパスの歴史と定義
   B アウトカムとバリアンス
 2 クリニカルパス導入の意義
   A 医療の質向上活動
   B 質管理とPDCAサイクル
   C クリニカルパス導入効果
 3 クリニカルパス医療の本質
   A アウトカム志向
   B 標準化
   C クリニカルパス活動
 Topics
   パスからの波及効果

第2章 クリニカルパスの作成
 1 アウトカム志向パスとは
   A アウトカム志向の考え方
 2 アウトカム志向パス作成の実際(医療者用パス)
   A 患者アウトカムと医療者アウトカム(タスク)の設定
   B 適応基準と除外基準の設定
 3 クリニカルパスと標準化
   A パスにおける標準化
   B アウトカムの標準化
   C 用語の標準化(統一)
 4 患者用クリニカルパスの作成
   A 患者用クリニカルパス作成時の留意事項
   B 患者参加型医療のための患者用パスの工夫
   C 入院診療計画書としての患者用クリニカルパス
 5 パスの作成・審査・認可
   A パスの作成
   B パスの審査・認可
   C パスの管理
 匠のコツ
   こんなパスもあります
   医師から協力を得る秘訣

第3章 クリニカルパスの使用と記録
 1 パスの使用
   A パスを適用するか適用しないか
   B パス適用の流れ
   C 個別性への対応
   D こんなときでも使っていいのか
   E どうして使わなかったのか
 2 日々の評価,バリアンス登録
   A パスのケアプロセス
   B アウトカム評価とバリアンス
   C バリアンス登録
 3 看護記録とパス
   A 看護記録の目的
   B 看護記録の法的意義
   C 看護記録の構成要素とパス
   D 看護過程と記録
   E 患者用クリニカルパスの使用,活用法
 4 パスの記録の実際
   A 全職種で患者情報を共有するための記録
   B リハビリ進捗状況の記録
   C 教育入院における記録

第4章 クリニカルパスの見直し
 1 バリアンス分析
   A バリアンスの定義と収集方法
   B 退院時バリアンス方式
   C センチネル方式
   D ゲートウェイ方式
   E オールバリアンス方式
   F 発生要因分類から見たバリアンス収集方法
 2 アウトカム評価とクリティカルインディケーター
   A 解析方法
   B クリティカルインディケーター
 3 ベンチマーキング
   A 他施設パスの情報収集
   B 見直し方法
 4 診療ガイドラインの活用
   A ガイドラインの収集
   B 見直し方法
 5 DPCデータの活用
   A データの入手方法
   B 実例紹介
 6 原価計算
   A 病院における原価計算とは
   B 実例紹介
 解説 パス見直しに必要な統計の知識
   A 基本統計量
   B 仮説検定
   C 定量的データの2群間比較
   D 定性的データの2群間比較
   E 相関分析
 匠のコツ
   初心者でもできる! パスの学会発表

第5章 クリニカルパス活動と委員会・パス大会
 1 パス委員会と役割
   A パス委員会の組織構成
   B パス委員会の役割
 2 パス教育と啓発
   A パスにおける教育体系の構築
   B 教育を円滑に進めるためのポイント
   C 実践を兼ねた教育カリキュラムの一例
   D 啓発への取り組み
 3 パス大会の実際
   A パス推進とパス大会
   B パス大会運営のコツ
   C 済生会熊本病院でのパス大会の実例
   D 全国のクリニカルパス大会の実例
 4 パススタッフのための認定制度
   A 日本クリニカルパス学会資格認定制度
   B 病院内でのパス資格認定制度(青森県立中央病院の例)
 匠のコツ
   パス大会・学会における座長の秘訣
   パス大会が開けないとき

第6章 電子クリニカルパス
 1 電子パスの経緯と定義
 2 電子パスと紙パスの比較
   A 電子パスの利点
   B 電子パスの欠点
 3 電子パスの標準的機能・確認項目
   A パスの作成
   B パスの登録
   C 患者へのパスの適用操作,パスの選択
   D パスの適用前修正
   E 適用中パスの画面構成
   F 適用中パス画面の機能
   G パスの終了操作
   H パス集計
   I 電子パスのその他の機能
 4 電子パス導入時・更新時のポイント
   A パスに関連する多くのマスターの作成・見直しが必要になる
   B 自院のパス業務フローの変更を再検討する必要がある
   C 電子パス稼働直後から正しいデータを取ろうとは思わない
   D すべてのアウトカム評価,バリアンス関連の評価を登録機能で使う必要はない
   E ベンダー間の用語の相違を知る
   F 組み込んだ電子パスは,他のベンダーに引き継げない
 5 標準アウトカムマスター(BOM)導入の実際
   A BOM導入までの準備
   B BOMの導入
   C BOMを用いた分析
 6 BOMの運用分析
  1 運用
   A BOM3.0を用いたクリニカルパスの作成
   B パスの審査
   C 短期間でBOMパスをたくさん作成する方法
  2 分析
   A パス記録監査の実施
   B バリアンス分析からパスをベンチマーキングで改訂
   C 他施設との比較とガイドラインを用いたパス改訂
   D DPCの出来高比較で赤字パスをベンチマーキング
   E 原価比較と出来高比較を用いた赤字パス・黒字パスの検討およびその対応
   F BOMパス使用病院のビッグデータでバリアンス分析
 Topics
   電子クリニカルパスの代行入力の留意点
   これからの電子クリニカルパス

第7章 地域連携クリニカルパス
 1 地域連携パスの組織づくりと運用方法
   A 地域連携パスの基本的な考え方
   B 地域連携パスを作る・動かす
   C これからの地域連携パス
 2 地域連携パスの実際
  1 大腿骨頸部骨折・脳卒中などリハビリテーションの地域連携パス
   A 大腿骨頸部骨折地域連携パス
   B 脳卒中地域連携パス
  2 病診連携のパス
   A 定義
   B 連携パスに関する診療報酬
   C 学会アンケートに見る連携パス活動
   D 連携パスの種類
   E 慢性腎臓病地域連携パス(CKD連携パス)
  3 がん地域連携パス
   A がん地域連携パスとは
   B 大阪府のがん地域連携統一パス
   C がん地域連携パスの導入手順
   D がん地域連携パスの今後
  4 医科歯科地域連携パス
   A 医科歯科地域連携パスとは
   B 医科歯科地域連携パス運用の実際
  5 在宅医療の連携パス
   A 在宅医療連携パスとは
   B 在宅医療連携パスの実際
   C 地域包括ケアシステム構築のための情報共有
  6 ICTを用いた地域連携パスの運用
   A 運用組織の設立
   B ICTパスのしくみ
   C 脳卒中地域連携ICTパス:運用の実際
   D データ分析と疾病管理
 Topics
   精神科領域の連携パス

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る