細胞診セルフアセスメント 第2版
  • 有料閲覧

細胞診セルフアセスメント 第2版

筆頭著者 坂本 穆彦 (他編) その他の著者 古田 則行 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-64196-8 電子版発売日 2020年6月22日 ページ数 320 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-04196-6 印刷版発行年月 2020年6月

書籍・雑誌概要

細胞検査士資格認定試験の傾向を踏まえ、細胞像判定問題、筆記問題の受験対策本として一次試験範囲のすべてを網羅している。細胞検査士、細胞検査専門医の生涯学習としても最適な1冊である。細胞像問題には新たに3段階の難易度を示し、読者の習熟度を考慮している。子宮頸部のカラースライド写真には、液状処理細胞診(LBC)の問題も含めている。

目次

I 細胞像問題
 1 婦人科
  a 子宮頸部
  b 子宮体部
  c 卵巣
  d 絨毛性疾患
  e 外陰
 2 呼吸器
  a 肺・非腫瘍
  b 肺・腫瘍
  c 縦隔
 3 消化器
  a 唾液腺
  b 口腔・咽頭・扁桃
  c 食道
  d 胃
  e 大腸
  f 膵臓
  g 胆?・胆管
  h 肝臓
 4 泌尿器・尿
  a 腎・副腎
  b 尿
 5 乳腺
 6 甲状腺
 7 リンパ節
 8 体腔液・胸腹壁
 9 骨軟部
  a 骨・関節
  b 軟部
 10 脳・中枢神経
 11 皮膚・その他

II 細胞診学科問題
 1 総論
 2 技術
 3 婦人科
 4 呼吸器
 5 消化器
 6 尿・泌尿器
 7 乳腺・甲状腺
 8 体腔液
 9 その他

索引

Column
 従来法(CP)と液状処理法(LBP)
 核・細胞質比(N/C比)

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る