整形外科 第2版
  • 有料閲覧
≪シリーズ まとめてみた≫

整形外科 第2版

筆頭著者 天沢 ヒロ (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-64159-3 電子版発売日 2020年6月1日 ページ数 254 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-04159-1 印刷版発行年月 2020年5月

書籍・雑誌概要

最短で国試の整形外科を攻略したい人に向けた究極の「まとめ本」。疾患ごとに「国試の傾向と対策」を紹介。キーワードで疾患にたどり着ける整理の仕方が満載。暗記に使えるチェック問題は赤シート付き。厳選した国試の過去問とオリジナルの問題を掲載し、最短で正解にたどりつくオリジナルの解法を加えました。

目次

0 整形外科のキモ 難しく考えすぎない

1 骨折(総論) 合併症が意外と多い

2 骨折(小児) 子供は腕が折れやすい

3 骨折(高齢者) 骨折しやすいところは決まっている

4 頸部 容れ物と中身に分けて考える

5 腰 末梢神経障害が主体となる

6 肩 日常動作に深く関与する

7 肘 小児で問題となりやすい

8 股 あらゆる年代にトラブルを起こす

9 膝(中高年) 発熱の有無をチェック!

10 膝(若年者) 身体所見をスッキリまとめよう!

11 感染症 整形外科領域の敵といえば

12 骨腫瘍 原発性は稀である

13 代謝性骨疾患 易骨折性となる

14 脊髄損傷 障害レベルによって日常生活レベルが変わる

15 単神経障害 原因の推定が問われる

16 その他 余裕があればおさえたいところ

17 X線一覧

18 身体所見まとめ

19 天沢流キーワード術

索引

解いてみた
 骨折(総論)
 骨折(小児)
 骨折(高齢者)
 頸部
 腰
 肩
 肘
 股
 膝(中高年)
 膝(若年者)
 感染症
 骨腫瘍
 代謝性骨疾患
 脊髄損傷
 単神経障害
 その他
 総合問題
 チェック問題 ※添付の赤シートをご利用いただけます.

コラム
 まだまだある骨折の合併症
 骨折診療は奥が深い
 脊柱管狭窄とは?
 なぜ神経症状に身体所見が重要なのか
 なぜL4/L5でL5症状をきたすのか
 石灰沈着性腱板炎
 特発性骨壊死(SONK)
 膝蓋跳動とは?
 脊椎カリエス
 骨折にも役立つ関節液
 原発性の良性骨腫瘍
 C4障害はないのに呼吸が苦しい?
 腕神経叢損傷

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る