看護現場を変える0~8段階のプロセス-コッターの企業変革の看護への応用
  • 有料閲覧

看護現場を変える0~8段階のプロセス-コッターの企業変革の看護への応用

筆頭著者 倉岡 有美子 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-63663-6 電子版発売日 2018年9月24日 ページ数 152 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-03663-4 印刷版発行年月 2018年9月

書籍・雑誌概要

看護現場をよりよく変えたい看護管理者に。成功の秘訣となる0~8段階を解説。新しい取り組みを導入したい、看護現場の業務改善を行いたいなど、何かを「変えたい」とき、どのようにしたらうまくいくのだろうか。企業で組織変革をおこし、それを定着させる代表的な理論が「コッターの企業変革8段階」である。これを看護に応用し、看護独自の視点を加えて、現場の「変える」を確実に成功させるプロセスを解説。周りを味方につけ、周りのやる気をかきたてるコツが詰まった1冊。

目次

はじめに
リーダーシップの本質としての変革

第1章 “変革”をどう捉えるか
 1 変革とは
   医療・看護の現場での変化と変革
 2 変革主導者に求められるリーダーシップ
   リーダーシップと変革との関係
   リーダーシップとマネジメントの区別
 3 本書で想定する変革とはどのようなものか
   変革の主導者
   変革を実現させるための期間

第2章 “変革”を成功に導くための構成要素
 1 変革を成功させるための行動指針となる4つの要素
   ビジョン
   戦略と計画,予算
 2 変革を促す“感情”
   変革を成功に導く核心
   看護現場で「見て,感じて,変化する」ためには

第3章 コッターの企業変革8段階─看護の現場への応用
 1 コッターの企業変革8段階とは
 2 看護に寄せて読み替えてみると
   変革の規模
   変革の主導者と変革に関係する人々
   コッターの企業変革8段階─看護現場へのアレンジ

第4章 看護現場での変革を成功に導く0~8段階のプロセス
 第0段階 問題の証拠を集める─本当に変革すべき問題なのですか?
   問題を明確にする段階の重要性
   問題の証拠はSデータとOデータに分けて集める
   Exercise 第0段階
 第1段階 危機意識を高める─問題と思っているのはあなただけではないですか?
   1人だけで行動に移さない
   危機意識が共有されているとは限らない
   看護の現場で危機意識を高めるには
   Exercise 第1段階
 第2段階 変革推進チームをつくる─味方はいますか?
   変革推進チームのメンバーをどのようにするか
   Exercise 第2段階
 第3段階 適切なビジョンをつくる
       ─あなたが変革したいことを分かりやすい言葉で表現できていますか?
   ビジョンを提示するタイミング
   魅力的なビジョンとは
   具体的かつ簡潔なビジョン
   Exercise 第3段階
 第4段階 変革のビジョンを周知徹底する
       ─あなたが改善したいことを周りの人は知っていますか?
   ビジョンを周知徹底するために
   Exercise 第4段階
 第5段階 従業員の自発的な行動を促す─周りの人たちもやる気になっていますか?
   変革を阻む上司
   あきらめて自分たちだけで変革をすすめようとしない
   自発的な行動を促す制度
   看護師個人の業績として評価
   優れた実践を病棟カンファレンスで発表してもらう
   看護現場特有の変革を阻む要因と配慮
   Exercise 第5段階
 第6段階 短期的な成果を生む─取り組んでみたことで変化はおきましたか?
   短期的な成果と焦点の絞り込み
   成果が明確に見えるように工夫する
   Exercise 第6段階
 第7段階 さらに変革を進める─なかだるみしていませんか?
   看護の現場で変革をさらに進めるには
   変革推進チームの負担を考慮する
   Exercise 第7段階
 第8段階 変革を根づかせる─いつのまにか,元のやり方に戻っていませんか?
   変革の定着と中心人物
   変革を根づかせる方法
   新しく組織に加わった看護師への訴えかけ
   Exercise 第8段階

付録 変革計画シート 記載例とポイント

あとがき
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る