運動学で心が折れる前に読む本
  • 有料閲覧

運動学で心が折れる前に読む本

筆頭著者 松房 利憲 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62863-1 電子版発売日 2017年11月20日 ページ数 144 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02863-9 印刷版発行年月 2017年4月

書籍・雑誌概要

高校から物理を避けてきた人、どちらかというと数学も苦手な人、それでも理学療法士・作業療法士を目指すには避けて通れない運動学。本書は、運動学に必要な物理や力学の基本を、脱力系対話形式で解説。随所に入るのどかなイラストがくじけそうになる気持ちを支え、「おさらい」と「復習問題」で国試もわかるように。実は臨床にも役立つお得な1冊。これでもう大丈夫。苦手意識よ、サヨウナラ。

目次

序 ある日,病院にて-

1 運動のしくみ
 1.筋の構造と収縮
 2.運動の司令塔:脳
 3.運動の大きさ
 4.運動軸
 5.運動自由度
 6.運動方向
 7.関節の構造と種類

2 力学のキホン
 1.ベクトル
 2.ベクトルを体に応用してみよう
 3.力のつりあい
 4.モーメント
 5.てこ
 6.変位と速度と加速度
 7.仕事量と仕事率
 8.運動の法則
 9.エネルギー
 10.質量と重量と重心
 11.床反力と歩行

解答と解説
参考文献
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る