漢方水先案内
  • 有料閲覧
≪シリーズ ケアをひらく≫

漢方水先案内

医学の東へ 筆頭著者 津田 篤太郎 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62124-3 電子版発売日 2016年6月25日 ページ数 238 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02124-1 印刷版発行年月 2015年2月

書籍・雑誌概要

臨床の海で「シケ」に巻き込まれたら教科書を見ればよい。では原因がはっきりせず、成果もあがらない「ベタなぎ漂流」に追い込まれたら? 最先端の臨床医がたどり着いたのは、《漢方》というキュアとケアの合流地点だった。病気の原因は様々でも、それに対抗する生体パターンは決まっている。ならば、生体をアシストするという方法があるじゃないか! どんなときでも「アクションが起こせる」医療者になるための知的ガイド。

目次

はじめに 海図のない旅

第一部 講義篇
 1 漢方のイメージ
 2 漢方に出会うまで
 3 私の漢方ことはじめ
 4 最新の医学と漢方のはざまで
 5 漢方から科学を考える
 6 漢方は一枚岩ではない
 7 「触れる」思想
 8 四診と恋愛
 9 「方法」の医療と「作法」の医療
 10 見えない世界の治療論-諦める・振り回される・祈る
 終章 私のスタイル

第二部 質疑応答篇
 Q1 やせる漢方?
 Q2 がん漢方?
 Q3 漢方はインチキ?
 Q4 サプリメント依存?
 Q5 漢方薬処方のコツ?
 Q6 文句ばかり言う患者?
 Q7 代替療法で何がよい?
 Q8 漢方薬を指定する患者?
 Q9 信者に囲まれたドクター?
 Q10 漢方診療をしていると焦る?

あとがき
付録◎ふたりでやるツボ押し&お灸講座

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る