臨床家が知っておきたい「子どもの精神科」 第2版
  • 有料閲覧

臨床家が知っておきたい「子どもの精神科」 第2版

こころの問題と精神症状の理解のために 筆頭著者 市川 宏伸 (他編) その他の著者 海老島 宏 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-60619-6 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 304 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-00619-4 印刷版発行年月 2010年2月

書籍・雑誌概要

昨今関心がますます高まっている子どもの発達に関する問題、よくみられる精神症状や精神疾患に関する知識、さらには家族、教育、福祉との連携などについてまとめた。

目次

I 診断にあたって
 1 子どもの精神医学的診断のしかた
 2 子どもの精神科における諸検査
II 治療的対応について
 1 子どもの精神科における治療の実際
 2 具体的対応のしかた
 3 薬物による対応
 4 治療教育プログラム
 5 デイケア
 6 家族との連携
III 子どもによくみられる精神症状のみかた
 1 子どもの精神科と精神症状
 2 代表的症状のみかた
IV 子どもによくみられる精神疾患とそれらへの対応
 1 児童青年期の精神疾患と診断基準
 2 各論
  1 精神遅滞
  2 自閉症(広汎性発達障害:PDD)
  3 学習障害
  4 多動性障害
  5 行為障害(素行障害)
  6 分離不安障害
  7 小児期に特有な社会機能の障害
  8 チックとTourette症候群
  9 その他の行動および情緒の障害(習癖異常)
  10 統合失調症
  11 気分(感情)障害
  12 不安障害
  13 強迫性障害(OCD)
  14 適応障害・ストレス関連障害
  15 解離性障害(転換性障害)
  16 身体表現性障害
  17 摂食障害
  18 睡眠障害
  19 パーソナリティ障害(人格障害)
  20 薬物依存
V 子どもの精神科におけるいくつかの問題
 1 家族との連携
 2 福祉・司法・保健との連携
 3 小児科からみた子どもの精神科との連携
 4 子どもの精神科からみた他科との連携
 5 成人の精神科からみた子どもの精神科との連携

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る