雑誌文献を検索します。書籍を検索する際には「書籍検索」を選択してください。

検索

書誌情報 詳細検索 by 医中誌

Japanese

Differentiation between benign and malignancy in pancreatic cystic lesions by using imaging modalities Shunro Matsumoto 1 1Department of Radiology Oita University Faculty of Medicine Keyword: 膵嚢胞性病変 , CT , MRI pp.691-701
Published Date 2019/4/10
DOI https://doi.org/10.18888/rp.0000000858
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

We describe the differential points between benign and malignancy in pancreatic cystic lesions(PCLs)using imaging modalities, especially with MDCT and MRI. In this article, most common PCLs such as intra-ductal papillary mucinous neoplasm(IPMN), mucinous cystic neoplasm(MCN), serous cystic neoplasm(SCN)and their mimickers were presented. Clinico-pathological features as well as imaging findings were also documented. MDCT and MRI play an important role in differentiating between PCLs. This article was summarized based on the symposium lecture at the 77th Annual Meeting of the Japan Radiological Society.


Copyright © 2019, KANEHARA SHUPPAN Co.LTD. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 印刷版ISSN 0009-9252 金原出版

関連文献

  • 膵嚢胞性病変43例の検討 原川 伊寿 , 蜂須賀 喜多男 , 山口 晃弘 , 磯谷 正敏 , 加藤 純爾 , 神田 裕 , 松下 昌裕 , 小田 高司 医学書院 臨床外科
    43巻 5号 (1988年5月)
    pp.675-679
    • 有料閲覧
  • 膵囊胞性病変―問題 平川 雅和 , 本田 浩 , 有田 好之 , 伊藤 鉄英 医学書院 消化器画像
    9巻 4号 (2007年7月)
    pp.314-315
    • 有料閲覧
  • 1)良・悪性腫瘍 川元 健二 , 井野 彰浩 , 岡村 均 , 吉満 研吾 , 下田 悠一郎 , 梶原 哲郎 , 北川 晋二 , 渡辺 秀幸 , 岡崎 浩子 , 水口 昌伸 , 村中 光 , 松浦 隆志 , 平賀 聖久 , 本岡 慎 , 吉田 道夫 , 増田 康治 医学書院 胃と腸
    34巻 3号 (1999年2月)
    pp.360-372
    • 有料閲覧
  • 肝海綿状血管腫―囊胞性病変 高安 賢一 医学書院 消化器画像
    5巻 1号 (2003年1月)
    pp.73-76
    • 有料閲覧
  • 膵の腫瘍性病変 森山 紀之 , 林 孝行 , 岩田 良子 , 村上 康二 , 佐竹 光夫 , 関口 隆三 , 縄野 繁 医学書院 medicina
    33巻 3号 (1996年3月)
    pp.615-619
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有