Japanese

Apraxia of gait Yoshikuni MIZUNO 1 , Junko OMATA 1 1Department of Neurology, Jichi Medical School pp.941-956
Published Date 1977/10/10
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1431904800
  • Abstract
  • Look Inside

Not many papers have been published recently on apraxia of gait. There is not a good agree-ment as to diagnostic criteria of apraxia of gait. It has been considered that apraxia of gait is a disturbance of gait in which a patient shows difficulty of raising feet from the floor appearing as if the feet were rooted to the floor. He walks slowly with short small steps with the top of the feet without raising from the floor.


Copyright © 1977, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1243 印刷版ISSN 0001-8724 医学書院

関連文献

  • 歩行失行 水野 美邦 医学書院 総合リハビリテーション
    11巻 8号 (1983年8月)
    pp.609-613
    • 有料閲覧
  • 3.歩行失行 金澤 章 , 水野 美邦 医学書院 総合リハビリテーション
    29巻 11号 (2001年11月)
    pp.1035-1038
    • 有料閲覧
  • 歩行失行 上野 エリ子 医学書院 神経研究の進歩
    35巻 2号 (1991年4月)
    pp.308-316
    • 有料閲覧
  • 歩行失行 横山 和正 , 大西 次郎 , 長谷川 千洋 , 平山 昌男 医学書院 総合リハビリテーション
    21巻 8号 (1993年8月)
    pp.649-654
    • 有料閲覧
  • 歩行失行の1例 堂園 浩一朗 , 緒方 甫 , 蜂須賀 研二 , 稗田 寛 医学書院 総合リハビリテーション
    17巻 11号 (1989年11月)
    pp.871-873
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有