雑誌文献を検索します。書籍を検索する際には「書籍検索」を選択してください。

検索

書誌情報 詳細検索 by 医中誌

Japanese

NO and pain Atsufumi KAWABATA 1 , Hiroshi TAKAGI 1 1Department of Pharmacology, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kinki University pp.940-947
Published Date 1994/12/10
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1431900594
  • Abstract
  • Look Inside

We have reviewed the role of nitric oxide (NO) in pain modulation.

1. Both L-arginine (L-Arg), a source of NO, and NO synthase (NOS) inhibitors, when administered i.c.v., produce antinociception in mice. The former effect is mediated by increased formation of kyotorphin (L-tyrosyl-L-Arg), an endogenous Met-enkephalin releaser, but not by NO formation. The latter effect is mediated by inhibiton of brain NOS and by subsequent decrease in brain NO levels.


Copyright © 1994, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1243 印刷版ISSN 0001-8724 医学書院

関連文献

  • 痛み 清原 迪夫 医学書院 看護学雑誌
    32巻 4号 (1968年4月)
    pp.38-41
    • 有料閲覧
  • 痛み 榎本 雪絵 医学書院 理学療法ジャーナル
    44巻 11号 (2010年11月)
    pp.1003-1009
    • 有料閲覧
  • 痛み 湯浅 ゆき子 医学書院 助産婦雑誌
    32巻 10号 (1978年10月)
    pp.688
    • 有料閲覧
  • 痛み 百瀬 洋一郎 , 田中 林輔 , 阪田 寛夫 , 秋山 政司 医学書院 看護学雑誌
    34巻 2号 (1970年2月)
    pp.9
    • 有料閲覧
  • 痛み 余宮 きのみ 南江堂 臨床雑誌内科
    112巻 6号 (2013年12月)
    pp.1184-1189
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有