Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 52, Issue 13 (December 2017)
Japanese

Endoscopic Diagnosis of Early Pharyngeal Cancer Using Trans-nasal Endoscopy Kenro Kawada 1 , Takuya Okada 1 , Yasuaki Nakajima 1 , Kazuya Yamaguchi 1 , Yuudai Kawamura 1 , Masafumi Okuda 1 , Yuuichiro Kume 1 , Tairo Ryotokuji 1 , Akihiro Hoshino 1 , Yutaka Tokairin 1 , Ryuuhei Okada 2 , Yuusuke Kiyokawa 2 , Yosuke Ariizumi 2 , Takahiro Asakage 2 , Takashi Ito 3 , Tatsuyuki Kawano 4 1Department of Gastrointestinal Surgery, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo 2Department of Head and Neck Surgery, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo 3Department of Human Pathology, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo 4Department of Surgery, Soka Municipal Hospital, Soka, Japan Keyword: 頭頸部表在癌 , Valsalva法 , 中咽頭反転法 , 経鼻内視鏡 , 画像強調内視鏡 pp.1665-1673
Published Date 2017/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201239
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 The development of trans-nasal endoscopy with image-enhanced endoscopy(NBI, BLI, and LCI)now enables wider observation ; this method can be used to obtain adequate information for diagnosing early pharyngeal cancers without magnification. We initially started using endoscopic treatment for superficial pharyngeal cancer in 1996. Between 1996 and the present day, 77 cases in 97 lesions of superficial head and neck cancers were detected using trans-oral endoscopy. Between 2008 and 2016, 164 cases in 227 lesions were detected using trans-nasal endoscopy, which is more than twice the number of cases detected using other means. Mucosal redness ; loss of normal vascular pattern or white deposits ; and proliferation of vascular patterns, such as small dots or salmon roe, are important characteristics for the diagnosis of superficial pharyngeal cancer. Moreover, the use of image-enhanced endoscopy to identify brownish areas is useful for early diagnosis. With adequate extension of the pharyngeal mucosa using the Valsalva maneuver, the observation of protruded areas will be useful for diagnosing the depth of invasion.


Copyright © 2017, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.52.13.jpg
胃と腸
52巻13号 (2017年12月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 経鼻内視鏡スクリーニングによる咽頭・食道癌偽陰性の検討 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 藤原 直人 , 太田 俊介 , 了徳寺 大郎 , 岡田 卓也 , サーワンスィ チラワット , 星野 明弘 , 宮脇 豊 , 鈴木 友宜 , 東海林 裕 , 中島 康晃 , 西蔭 徹郎 , 永井 鑑 , 河内 洋 , 杉本 太郎 医学書院 胃と腸
    47巻 6号 (2012年5月)
    pp.938-947
    • 有料閲覧
  • 咽頭・頸部食道の観察法―経鼻内視鏡での観察法 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 中島 康晃 , 藤原 直人 , 太田 俊介 , 了徳寺 大郎 , 岡田 卓也 , サーワンスィ チラワット , 星野 明弘 , 宮脇 豊 , 鈴木 友宜 , 東海林 裕 , 西蔭 徹郎 , 永井 鑑 , 河内 洋 , 杉本 太郎 , 熊谷 洋一 医学書院 胃と腸
    47巻 3号 (2012年3月)
    pp.325-335
    • 有料閲覧
  • 2)経鼻内視鏡 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 永井 鑑 , 西蔭 徹郎 , 中島 康晃 , 鈴木 友宜 , サーワンスィ チラワット , 星野 明弘 , 宮脇 豊 , 岡田 卓也 , 太田 俊介 , 河内 洋 , 杉本 太郎 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.601-610
    • 有料閲覧
  • 中・下咽頭表在癌の内視鏡診断―経鼻内視鏡の立場から 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 永井 鑑 , 西蔭 徹郎 , 中島 康晃 , 春木 茂男 , 鈴木 友宜 , 星野 明弘 , 宮脇 豊 , 岡田 卓也 , 河内 洋 , 杉本 太郎 医学書院 胃と腸
    45巻 2号 (2010年2月)
    pp.228-239
    • 有料閲覧
  • 表面型表層拡大型食道癌の深達度診断―超音波内視鏡の立場から 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 中島 康晃 , 奥田 将史 , 小郷 泰一 , 藤原 尚志 , 齋藤 賢将 , 藤原 直人 , 了徳寺 大郎 , 岡田 卓也 , 宮脇 豊 , 東海林 裕 , 永井 鑑 , 伊藤 崇 , 河内 洋 , 熊谷 洋一 医学書院 胃と腸
    49巻 8号 (2014年7月)
    pp.1173-1181
    • 有料閲覧
  • 食道表在癌の深達度診断―超音波内視鏡の立場から 川田 研郎 , 河野 辰幸 , 永井 鑑 , 西蔭 徹郎 , 中島 康晃 , 鈴木 友宜 , 星野 明弘 , 宮脇 豊 , 岡田 卓也 , チラワット サワーンスィ , 太田 俊介 , 河内 洋 医学書院 胃と腸
    45巻 9号 (2010年8月)
    pp.1527-1534
    • 有料閲覧
  • —腹腔鏡下手術—TAPP法,Hybrid法 星野 明弘 , 山口 和哉 , 川村 雄大 , 松井 俊大 , 小郷 泰一 , 久米 雄一郎 , 奥田 将史 , 中嶌 雄高 , 岡田 卓也 , 東海林 裕 , 川田 研郎 , 中島 康晃 , 田邉 稔 , 河野 辰幸 医学書院 臨床外科
    71巻 10号 (2016年10月)
    pp.1260-1265
    • 有料閲覧
  • 頸部食道癌手術 中島 康晃 , 川田 研郎 , 東海林 裕 , 千葉 哲磨 , 宮脇 豊 , 星野 明弘 , 岡田 卓也 , 太田 俊介 , 了徳寺 大郎 , 藤原 直人 , 齋藤 賢将 , 藤原 尚志 , 小郷 泰一 , 久米 雄一郎 , 奥田 将史 , 松井 俊大 , 河野 辰幸 医学書院 臨床外科
    70巻 11号 (2015年10月)
    pp.6-11
    • 有料閲覧
  • 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術に必要な局所解剖:TAPP法 星野 明弘 , 山口 和哉 , 久米 雄一郎 , 了徳寺 大郎 , 岡田 卓也 , 松山 貴俊 , 東海林 裕 , 川田 研郎 , 中島 康晃 , 小嶋 一幸 , 大橋 直樹 , 田邉 稔 , 絹笠 祐介 医学書院 臨床外科
    73巻 11号 (2018年10月)
    pp.292-297
    • 有料閲覧
  • 下咽頭癌の内視鏡治療 永井 鑑 , 川田 研郎 , 西蔭 徹郎 , 奈良 智之 , 出江 洋介 , 熊谷 洋一 , 中島 康晃 , 東海林 裕 , 井上 晴洋 , 河野 辰幸 医学書院 胃と腸
    38巻 3号 (2003年3月)
    pp.331-338
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有