Japanese

Radiological Diagnosis for Chronic Gastritis Yosuke Iriguchi 1 , Johji Oda 1 , Masaru Mizutani 1 , Satoshi Takayanagi 1 , Yasuhiro Tomino 1 , Tetsuro Yamazato 1 , Naoya Fujita 1 , Daisuke Kishi 1 , Hidetoshi Ohmura 1 , Kohichi Itabashi 1 , Ayako Kamiya 1 , Takayoshi Shimizu 1 , Makiko Hashimoto 1 , Akihiko Yamamura 2 , Tozo Hosoi 1 1Department of Gastroenterology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center, Tokyo 2Department of Pathology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center, Tokyo Keyword: 慢性胃炎 , 腸上皮化生 , X線造影 , Helicobacter pylori , 背景粘膜 pp.26-41
Published Date 2016/1/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403200521
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Gastric cancer cases examined at this center were categorized as non-Helicobacter pylori(H. pylori)infected, currently infected, and post-H. pylori eradication. Further, X-ray images of background mucosa were assessed. X-ray findings from chronic gastritis cases included granular protrusions of various sizes, linear to reticular networks, and ground glass opacities. Histological changes such as crypt misalignment, atrophy, hyperplasia, fundic gland atrophy, and intestinal metaplasia were observed because of invasion by chronically inflamed cells secondary to H. pylori infection. Because chronic gastritis involves changes over time in mucosal atrophy, the degree of atrophy must be diagnosed by observing the entire stomach using X-ray diagnosis of the background mucosa. Histopathological diagnoses can be performed if the area is considered. With regard to non-H. pylori infected cases, it is very likely that H. pylori-negative can be diagnosed because mucosal changes throughout the entire stomach can be interpreted.


Copyright © 2016, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 表在型Barrett食道癌のX線診断 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 藤田 直哉 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 清水 孝悦 , 中河原 亜希子 , 神谷 綾子 , 橋本 真紀子 , 山村 彰彦 , 細井 董三 , 川田 研郎 , 河野 辰幸 医学書院 胃と腸
    51巻 10号 (2016年9月)
    pp.1283-1298
    • 有料閲覧
  • 胃X線検診で発見されたHelicobacter pylori陰性噴門部進行胃癌の1例 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 藤田 直哉 , 神谷 綾子 , 竹中 由紀夫 , 今村 和広 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    49巻 6号 (2014年5月)
    pp.931-938
    • 有料閲覧
  • 表面型表層拡大型食道癌の深達度診断―X線の立場から 小田 丈二 , 入口 陽介 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 藤田 直哉 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 神谷 綾子 , 竹中 由紀夫 , 山村 彰彦 , 細井 董三 , 河野 辰幸 医学書院 胃と腸
    49巻 8号 (2014年7月)
    pp.1141-1156
    • 有料閲覧
  • 微小胃癌に対するX線診断の現状と課題 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 小山 真一郎 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 藤田 直哉 , 今村 和広 , 高西 喜重郎 , 松本 潤 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    48巻 6号 (2013年5月)
    pp.822-834
    • 有料閲覧
  • 組織混在型早期胃癌のX線的特徴 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 藤田 直哉 , 今村 和広 , 高西 喜重郎 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    48巻 11号 (2013年10月)
    pp.1581-1595
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有