Japanese

Radiological Diagnosis for Minute Gastric Cancer Yosuke Iriguchi 1 , Johji Oda 1 , Masaru Mizutani 1 , Satoshi Takayanagi 1 , Yasuhiro Tomino 1 , Shinichiro Oyama 1 , Tetsuro Yamazato 1 , Daisuke Kishi 1 , Hidetoshi Ohmura 1 , Kohichi Itabashi 1 , Akiko Nakagawara 1 , Naoya Fujita 1 , Kazuhiro Imamura 2 , Kijuro Takanishi 2 , Jun Matsumoto 2 , Akihiko Yamamura 3 , Tozo Hosoi 1 1Department of Gastroenterology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center, Tokyo 2Department of Surgery, Tokyo Metropolitan Tama Medical Center, Tokyo 3Department of Pathology, Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center, Tokyo Keyword: 拡大内視鏡 , X線検診 , 微小胃癌 , X線診断 , NBI pp.822-834
Published Date 2013/5/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403113833
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 We investigated the detection method, histological type, tumor diameter, depiction rate, and radiographic pictures of 106 lesions in 80 cases of microgastric cancer≦5mm in diameter treated at our center over a five-year period. The numbers of lesions and mean tumor diameter indicated by different examination methods were determined. Radiography revealed 5 lesions with a mean diameter of 4.7mm, while endoscopy, indicated 40 lesions with a mean diameter of 3.8mm. Histopathological examinations using totally segmented specimens after surgery revealed 61 lesions with a mean diameter of 2.8mm in 35 cases, all of which were secondary lesions of multiple gastric cancers. Histological types were differentiated type in 97 lesions(tub1 : 90, tub2 : 7)and non-differentiated type in 9 lesions(sig : 8, por1>tub2 : 1); the difference was significant. The depiction rate on radiographs was high(50%)for tumors 5mm in diameter. If radiographies were conducted evenly without uneven attachment, microcancers could be diagnosed accurately even at routine health checks. Therefore, to detect microgastric cancer in radiography, it will be important to take radiographs without uneven attachment of barium, and to be familiar with small barium spots of irregular shapes and peripheral microspiny shadows and microgranular prominent borders when reading the radiographs.


Copyright © 2013, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 組織混在型早期胃癌のX線的特徴 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 藤田 直哉 , 今村 和広 , 高西 喜重郎 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    48巻 11号 (2013年10月)
    pp.1581-1595
    • 有料閲覧
  • 潰瘍合併早期胃癌の画像診断―潰瘍合併早期胃癌のX線診断 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 小山 真一郎 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 山里 哲朗 , 細井 董三 , 山村 彰彦 医学書院 胃と腸
    48巻 1号 (2013年1月)
    pp.25-38
    • 有料閲覧
  • 多発胃癌の診断におけるX線造影検査の役割 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 小山 真一郎 , 岸 大輔 , 板橋 浩一 , 大村 秀俊 , 藤田 直哉 , 細井 亜希子 , 北條 裕美子 , 山田 耕三 , 今村 和広 , 松本 潤 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    46巻 1号 (2011年1月)
    pp.31-45
    • 有料閲覧
  • 虫垂内腫瘍で発見された虫垂子宮内膜症の1例 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 藤田 直哉 , 宅間 邦雄 , 今村 和広 , 高西 喜重郎 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    49巻 4号 (2014年4月)
    pp.527-533
    • 有料閲覧
  • 胃X線検診で発見されたHelicobacter pylori陰性噴門部進行胃癌の1例 入口 陽介 , 小田 丈二 , 水谷 勝 , 高柳 聡 , 冨野 泰弘 , 山里 哲郎 , 岸 大輔 , 大村 秀俊 , 板橋 浩一 , 中河原 亜希子 , 藤田 直哉 , 神谷 綾子 , 竹中 由紀夫 , 今村 和広 , 山村 彰彦 , 細井 董三 医学書院 胃と腸
    49巻 6号 (2014年5月)
    pp.931-938
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有