Japanese

Eosinophilic Gastroenteritis, Report of a Case Masakazu Nishishita 1 , Bunzo Nakata 2 , Yutaro Egashira 3 , Tetsuya Tanigawa 4 , Takako Miyazaki 4 , Hideaki Yokomatsu 5 , Kenji Watanabe 4 , Yasuhiro Fujiwara 4 , Tetsuo Arakawa 4 1Nishishita Gastrointestinal Hospital, Osaka, Japan 2Department of Surgery, Kashiwara Municipal Hospital, Kashiwara, Japan 3The Department of Pathology, Osaka Medical College, Takatsuki, Japan 4Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine, Osaka, Japan 5Department of Surgery, Sakai Yamaguchi Hospital, Sakai, Japan Keyword: 好酸球性胃腸炎 , 食物アレルギー , プレドニゾロン , 難治性胃十二指腸潰瘍 , 多発性深堀れ潰瘍 pp.1931-1937
Published Date 2013/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403114026
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 A 27-year-old man with complaints of epigastralgia, vomiting, and body weight loss, had been treated with H2 blocker in another clinic for a few months. He came to our clinic because of no improvement in his complaints. Esophagogastroduodenoscopy revealed multiple gastroduodenal ulcers. Although proton pump inhibitor had been given for more than two years, the ulcerous legions relapsed repeatedly. Such intractable ulcers led us to take eosinophilic gastroenteritis into consideration. The test for food allergy revealed positive reaction to albumen, beef, and pork. The diagnosis of eosinophilic gastroenteritis was made with the pathological finding of intensive infiltration(more than 20 cells per high power field)of eosinophilic leukocytes into the lamina propria of the mucous membrane in biopsy specimens of gastric lesions. The ulcerous legions healed to the scarring stage after a short term by oral intake of PSL(prednisolone). However, discontinuance of PSL resulted in the recurrence of ulcers within one month. Up to now, low-dose administration of PSL and PPI maintenance therapy has been used.


Copyright © 2013, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 潰瘍性大腸炎の内視鏡所見 渡辺 憲治 , 松本 紘子 , 鋳谷 成弘 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 萩原 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    48巻 5号 (2013年5月)
    pp.611-618
    • 有料閲覧
  • 胃に多発性隆起性病変を認めた好酸球性胃腸炎の1例 垂石 正樹 , 斉藤 裕輔 , 蘆田 知史 , 野村 昌史 , 榮浪 克也 , 綾部 時芳 , 横田 欽一 , 柴田 好 , 坂田 葉子 医学書院 胃と腸
    29巻 13号 (1994年12月)
    pp.1451-1456
    • 有料閲覧
  • 難治性多発潰瘍を呈した好酸球性胃炎の1例 石井 学 , 垂水 研一 , 鎌田 智有 , 松本 啓志 , 藤田 穣 , 佐藤 元紀 , 村尾 高久 , 筒井 英明 , 木村 佳起 , 塩谷 昭子 , 眞部 紀明 , 畠 二郎 , 楠 裕明 , 秋山 隆 , 定平 吉都 , 春間 賢 医学書院 胃と腸
    48巻 9号 (2013年8月)
    pp.1321-1328
    • 有料閲覧
  • 再発を来したCrohn病関連小腸癌の1例 野口 篤志 , 渡辺 憲治 , 味岡 洋一 , 十河 光栄 , 寺田 良太 , 森本 謙一 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 山上 博一 , 谷川 徹也 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 前田 清 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    49巻 9号 (2014年8月)
    pp.1339-1345
    • 有料閲覧
  • 好酸球性胃腸炎 増永 哲平 , 辻 国広 , 土山 寿志 医学書院 胃と腸
    55巻 9号 (2020年8月)
    pp.1155-1157
    • 有料閲覧
  • 難治性潰瘍性大腸炎と5-ASA製剤―大量療法を中心に 渡辺 憲治 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 伊藤 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 杉森 聖司 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    46巻 13号 (2011年12月)
    pp.2009-2015
    • 有料閲覧
  • 8) 好酸球性胃腸炎 清水 誠治 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.629-634
    • 有料閲覧
  • 7)好酸球性胃腸炎 上尾 太郎 , 清水 誠治 医学書院 胃と腸
    38巻 4号 (2003年4月)
    pp.553-558
    • 有料閲覧
  • 好酸球性胃腸炎の1例 小林 達則 , 馬場 孝子 , 上山 聰 , 上川 康明 , 藤井 喬夫 医学書院 胃と腸
    34巻 12号 (1999年11月)
    pp.1577-1581
    • 有料閲覧
  • 8) 転移性腫瘍 渡辺 憲治 , 森本 謙一 , 谷川 徹也 , 細見 周平 , 平田 直人 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 山上 博一 , 藤原 靖弘 , 押谷 伸英 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.570-574
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有