Japanese

A IIb Subtype Early Cancer of the Stomach, a Case Report M. Sato 1 , E. Murata 1 , Y. Kaneko 2 , T. Tajima 3 , T. Kagaya 4 1Dept. of Gastroenterology, Iwate Central Hospital 21st Dept. of Surgery, Iwate Central Hospital 3Dept. of Pathology, Iwate Central Hospital 4Kagaya Clinic of Gastroenterology pp.445-451
Published Date 1977/4/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403112578
  • Abstract
  • Look Inside

 A 42-year-old man, who had no subjective symptoms, visited our department because rigidity of the lesser curvature of the mid-corpus had been pointed out at a gastric mass survey in Oct. 1974. As the initial endoscopy revealed a discolored area adjacent to the pyloric ring on the posterior wall near the lesser curvature, we performed biopsy, which was positive for cancer. The diagnosis was IIb subtype early gastric cancer. Roentgenographic examination did not reveal any definite changes. To ascertain the accurate area of cancer, we tried endoscopic dye scattering method, but we were unable to find any difference in coloration between the areas of cancer and non-cancer because cancer foci were covered by the surface mucosa the same as the surrounding mucosa. Re-biopsy was done in the areas adjacent to the site of initial biopsy which was positive for cancer. Only in the specimens taken form the discolored area were we able to confirm cancer, so that we concluded that the extent of cancer was limited to the small area of discoloration. Even in the resected specimen after subtotal gastrectomy was there any difference in niveau and coloration between the area of cancer and the neighboring mucosa. Macroscopically, we could not accurately identify the area of cancer. The lesion measured 13 mm by 12 mm. Cancer was localized in the middle layer of the mucosa. There was no erosive changes, and the lesion was covered by the mucosa showing intestinal metaplasia quite similar to the surrounding mucosa. Histologically it was signet ring cell carcinoma.


Copyright © 1977, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 意外な進展を示した胃のdiffuse carcinomaの1例 加賀谷 常英 , 村田 栄治 , 上田 靖彦 , 角田 実 , 狩野 敦 , 佐藤 邦夫 医学書院 胃と腸
    9巻 4号 (1974年4月)
    pp.504-508
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌の1例 野田 進一 , 西沢 良記 , 宮本 武 , 長谷川 隆太 , 赤土 洋三 , 曽和 融生 医学書院 胃と腸
    8巻 4号 (1973年4月)
    pp.437-443
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌の1例 三戸 康郎 , 平野 雅士 , 脇田 政康 , 副島 一彦 医学書院 胃と腸
    8巻 4号 (1973年4月)
    pp.445-452
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌の1例 崔 相羽 , 近藤 台五郎 , 高田 洋 , 川口 和夫 , 佐田 博 , 竹田 彬一 , 北川 睦生 , 吉川 保雄 , 安井 昭 医学書院 胃と腸
    7巻 6号 (1972年6月)
    pp.763-769
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌の1例 中山 恒明 , 羽生 富士夫 , 福島 通夫 , 岩塚 迪雄 , 小林 誠一郎 , 遠藤 光夫 , 榊原 宣 , 山田 明義 , 佐久間 映夫 , 鈴木 茂 , 井手 博子 , 後町 浩二 , 尾原 徹司 , 山田 和毅 , 鈴木 博孝 医学書院 胃と腸
    3巻 7号 (1968年6月)
    pp.839-845
    • 有料閲覧
  • Ⅱb型早期胃癌 福富 久之 , 市岡 四象 , 西沢 護 , 岸 清一郎 , 上野 恒太郎 , 熊倉 賢二 , 丸山 雅一 , 白壁 彦夫 , 福地 創太郎 医学書院 胃と腸
    7巻 1号 (1972年1月)
    pp.54-68
    • 有料閲覧
  • Ⅲ+Ⅱb型早期胃癌例 中沢 三郎 , 早川 礼介 , 古橋 貞臣 , 坪井 靖治 , 永井 昭之介 , 渡会 錦資 , 加藤 寿彦 , 北村 公男 , 小鳥 康彦 医学書院 胃と腸
    3巻 8号 (1968年7月)
    pp.989-992
    • 有料閲覧
  • Ⅱb(+Ⅱc)型早期胃癌の1例 池田 成之 , 今村 哲理 , 高沢 敏浩 , 別役 孝 , 三国 主税 , 井林 淳 , 高橋 武信 , 市川 健寛 , 藤田 昌広 , 下田 昌久 , 氏家 忠 医学書院 胃と腸
    8巻 10号 (1973年10月)
    pp.1367-1373
    • 有料閲覧
  • Ⅱb+Ⅱc型早期胃癌の1例 西村 新吉 , 藤田 良樹 , 木村 安行 , 中田 太志 , 末富 一臣 , 西村 早苗 , 桜井 孝 医学書院 胃と腸
    6巻 12号 (1971年11月)
    pp.1551-1555
    • 有料閲覧
  • Ⅱa+Ⅱb型早期胃癌の1例 山崎 信 , 松本 行雄 , 打波 六兵衛 , 渡辺 国重 , 小坂 政一 , 津田 昇志 医学書院 胃と腸
    6巻 5号 (1971年5月)
    pp.573-578
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有