Japanese

Natural History of Colon Cancer Mamoru Nishizawa 1 1Tokyo Metropolitan Cancer Detection Center Keyword: 大腸癌の自然史 , 大腸癌retrospective study , 腺腫のfollow-up , 実体顕微鏡 , de novo carcinomaの発育・進展 pp.1583-1598
Published Date 1996/12/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403104466
  • Abstract
  • Look Inside
  • Cited by

 Retrospective analysis of the invasive type colon cancer, follow-up investigation of the 5 to 10 mm sized adenomatous polyps confirmed by biopsy, and analysis of abnormal pit patterns of the normal mucosa of the colon by stereomicroscopic examination showed the following results.

 1) It may take about two years for invasive colon cancer to grow from the sm layer to s (the serosa) or a (the adventitia).

 2) Mucosal cancer may remain in the mucosa for several years or more.

 3) Only a few colon cancer may arise from adenoma, most of them were thought to be de novo carcinoma.

 4) Early shapes of de novo carcinoma were Ⅱb (surface flat) type and Ⅱc (surface depressed) type, which were easy to be missed by the radiological and endoscopic examinations.

 5) A de novo carcinoma typically developed into a submucosal tumor when invaded the sm layer, and type 2 or 3 macroscopic shape.

 6) A large majority of adenomas remained less than 10 mm in size, and a few of them may exceed 10 mm in size. Most of polyps were not indicated for polypectomy except for polyps larger than 10 mm in size or markedly deformed polyps.


Copyright © 1996, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 大腸腺腫の経過観察―特に大腸m癌との関係 西沢 護 , 稲田 正之 , 加茂 章二郎 , 大倉 康男 , 八巻 悟郎 , 志賀 俊明 , 野本 一夫 , 細井 董三 , 岡田 利邦 , 中井 呈子 , 中村 尚志 , 松川 正明 医学書院 胃と腸
    30巻 12号 (1995年11月)
    pp.1519-1530
    • 有料閲覧
  • 粘膜下腫瘍様の食道表在癌のX線診断 八巻 悟郎 , 大倉 康男 , 西沢 護 , 尾崎 幹 , 岩根 英治 , 大浦 道久 , 松本 悟 , 志賀 俊明 , 野本 一夫 , 鶴丸 昌彦 医学書院 胃と腸
    32巻 5号 (1997年4月)
    pp.691-700
    • 有料閲覧
  • 0-Ⅱc型(深達度m1)早期食道癌の1例 八巻 悟郎 , 大倉 康男 , 西沢 護 , 尾崎 幹 , 大浦 通久 , 岩根 英治 , 松本 悟 , 幸田 隆彦 , 野本 一夫 , 志賀 俊明 医学書院 胃と腸
    32巻 10号 (1997年9月)
    pp.1359-1362
    • 有料閲覧
  • 長期間逆追跡しえた食道表在癌の2例 細井 董三 , 山村 彰彦 , 岡田 利邦 , 山田 耕三 , 東 馨 , 中井 呈子 , 中村 尚志 , 郷 佳克 , 今井 俊夫 , 山本 浩史 , 牧角 良二 , 西沢 護 , 野本 一夫 , 志賀 俊明 , 大倉 康男 , 遠藤 光夫 , 竹下 公矢 , 永井 鑑 , 河野 辰幸 , 井上 晴洋 医学書院 胃と腸
    30巻 11号 (1995年10月)
    pp.1372-1378
    • 有料閲覧
  • 病理組織学からみた大腸腫瘍の自然史 松田 圭二 , 渡辺 英伸 , 味岡 洋一 , 安田 一弘 , 桑原 明史 , 西倉 健 , 丸田 和夫 , 人見 次郎 , 成澤 林太郎 , 鬼島 宏 , 武藤 徹一郎 医学書院 胃と腸
    31巻 13号 (1996年12月)
    pp.1633-1647
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有