Japanese

A Successful Treatment for Cap Polyposis by Oral Steroid Administration and Ecabet Sodium Enema, Report of a Case Hidero Ogino 1 1Department of Internal Medicine, Toyama Prefectural Central Hospital Keyword: cap polyposis , ステロイド , エカベトナトリウム pp.735-740
Published Date 2002/4/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403103519
  • Abstract
  • Look Inside

 A 41-year-old woman was admitted to our hospital with the complaint of lower abdominal pain and bloody mucous stool. She had a prior diagnosis of ulcerative colitis, which had been unsuccessfully treated with salazosulphapyridine two years before admission to our hospital. Clinical examination showed severe hypoproteinemia and mild anemia. Barium enema and colonoscopy revealed multiple variously formed polyps with redness and erosion from the rectum to the transverse colon. Biopsy specimens showed superficial erosion with elongated hyperplastic glands. These findings suggested cap polyposis. The patient responded to the combination therapy of oral steroid administration and ecabet sodium enema. She achieved clinical and endoscopic remission after 4 weeks.


Copyright © 2002, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • cap polyposisの1例 小林 広幸 , 望月 祐一 , 佐藤 智雄 , 吉田 隆亮 , 岸川 英樹 , 中村 昌太郎 医学書院 胃と腸
    32巻 2号 (1997年2月)
    pp.213-219
    • 有料閲覧
  • cap polyposisの組織診断―国際比較 渡辺 英伸 , 橋立 英樹 , 味岡 洋一 , 西倉 健 , 向井 玄 , 五十嵐 俊彦 , 櫻井 俊弘 , 中野 浩 , 赤松 泰次 , 山野 泰穂 , 岩下 明徳 , 八尾 隆史 , 石黒 信吾 , 服部 隆則 , 小野 祐子 , 藤盛 孝博 医学書院 胃と腸
    37巻 5号 (2002年4月)
    pp.715-726
    • 有料閲覧
  • 20.粘膜脱症候群とcap polyposis 赤松 泰次 , 中村 直 , 横澤 秀一 , 井上 勝朗 , 金子 靖典 , 伊東 一博 , 進士 明宏 , 清澤 研道 医学書院 胃と腸
    40巻 4号 (2005年4月)
    pp.652-656
    • 有料閲覧
  • cap polyposis―臨床像と治療経過 樋渡 信夫 , 木内 喜孝 , 高木 承 , 高橋 成一 , 相原 裕之 , 織内 竜生 , 須貝 真生 , 沖 元二 , 白木 学 , 下瀬川 徹 , 木村 光雄 , 長瀬 慶一郎 , 佐藤 勝久 , 斉藤 行世 , 山崎 日出雄 , 舟山 裕士 , 内藤 広郎 , 佐々木 巌 医学書院 胃と腸
    37巻 5号 (2002年4月)
    pp.695-705
    • 有料閲覧
  • cap polyposisと直腸粘膜脱症候群(MPS) 斉藤 裕輔 医学書院 胃と腸
    37巻 5号 (2002年4月)
    pp.627-630
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有